HOME > 和裁検定試験

和裁検定試験

試験日程 2020年度

  • 試験スケジュールの詳細はこちらをご覧ください。

受験料

全科目受験 2科目受験 1科目受験
1級 16,500円 14,300円 11,000円
2級 14,300円 12,100円 8,800円
3級 11,000円 8,800円 6,600円
4級 5,500円   4,400円

(消費税込み)

  • ※試験施行が中止の場合のみ、受験料をお返しいたします。
  • ※受験料を払い込んだ後の、お申込内容の変更・取り消し・受験料の返金および次回への振り替えはできません。
  • ※審査終了後、実技の作品は早急に宅配いたします。(宅配着払い)
  • ※2020年度より、4級も科目別受験が可能となり、科目免除が認められます。

受験資格

学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。

  • ※1級受験者は、東商検定もしくは国家検定の2級取得者であること。

試験会場

都内専門学校他、受験票にて会場をお知らせします。

申込手続

申込期間 2020年9月10日(木)~9月18日(金)消印有効
必要書類 (1)和裁検定試験申込書(1・2級の方は、縦4.5cm×横3.5cmの写真添付)
(2)受験料払込票兼受領証(郵便局の受領印のあるもの)
(3)受験票返信用封筒(12cm× 23.5cm、受験者の宛名記入) に84円切手を貼ったもの。
  • ※科目免除者は科目別合格証明書(ハガキ大・コピー) または、都道府県発行(国家検定)の合格証書(コピー) を申込書の裏にホチキス止めする事
振込先 郵便振替 00130-6-102218
「東京商工会議所検定口」
振込用紙には必ず 和裁検定級受験料 と記入してください。
申込先 〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-2-2(丸の内二重橋ビル)
東京商工会議所 検定センター 和裁係
  • ※東京商工会議所が実施する検定試験のお申込みによって取得された個人情報(氏名、生年月日、住所等、その個人を識別、特定化できるもの)は、当該試験の実施、受験者の円滑な受験、試験結果の送付、受験者の受験履歴の管理等、当該検定試験の目的遂行に必要な範囲内で使用されます。

受験についての注意

  • (1)試験場ではすべて施行委員及び係員の指示に従ってください。指示に従わない者、不正行為のあった者は、その場で失格とし退場及びその資格を取り消し、以後の受験を禁止する事があります。
  • (2)受験票には氏名、年齢を記入し、必ず持参してください。紛失した場合は、受験当日再交付手続をしてください。
  • (3)受験日の10日前までに受験票が届かない場合は、必ずご連絡ください。(日本和裁検定協会 03-3816-1858)
  • (4)試験中の事故は一切責任を負いません。
  • (5)検定試験当日、受験者は必ずマスクの着用をお願いします。

合格基準

科目 科目合格基準 備考
実技 70 点以上(100点満点) 未完成の場合は不採点
部分縫い 70 点以上(100点満点) 未完成の作品のみ不採点
筆記 70 点以上(100点満点)  
  • (1)長着に入針の場合は失格となります。(全級)
  • (2)長着が未完成の場合は実技が失格となります。お持ち帰りください。(全級)
  • (3)長着の一部分が著しく悪い場合は失格となります。(全級)

申請

国家検定並びに東京商工会議所和裁検定(部分縫い及び筆記)の合格者は書類審査の上該当する級の合格証書を交付します。希望者は、国家検定合格証書(写)並びに東京商工会議所和裁検定の科目別合格証明書(写)と申請手数料2,200円を添えて交付申請してください。

合格発表

発表期間 2020年12月17日(木)(発送)
発表方法 受験者全員に試験結果および合格者には合格証書・科目別合格証明書を郵送します。
団体受験の方は団体宛に一括で試験結果および証書・科目別合格証明書を郵送します。

受験者データ(第62回2019年9月14・15日実施分)※科目別合格者は含まない

受験者(人) 実受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
1級 8 8 3 37.5
2級 17 16 5 31.3
3級 47 37 16 43.2
4級 68 60 48 80.0

試験内容と種類

  • 1級 職業として更に高度の実技と理論全般について精通している。
  • 2級 職業としての実技と理論を修得している。
  • 3級 基本的な実技と理論を修得している。
  • 4級 初歩的な実技と理論を修得している。
試験科目 制限時間
1級 実技 女子用袷長着
広衿で別付けとする
共衿は別掛けとする ただしくけは束ぐけでもよい
寸法は指定しない
材料は紬以外の絹布(羽二重、綸子・縮緬等)
8時間30分
部分縫い 被服の種類に関する出題区分表の範囲から 3時間
筆記 職業としての和裁の常識と裁断図解
被服の種類に関する出題区分表の範囲から
50分
2級 実技 女子用袷長着
広衿で別付けとする
共衿は別掛けとする ただしくけは束ぐけでもよい
寸法は指定しない
材料は紬以外の絹布(羽二重、綸子・縮緬等)
6時間30分
部分縫い 被服の種類に関する出題区分表の範囲から 3時間
筆記 職業としての和裁の常識と裁断図解、
被服の種類に関する出題区分表の範囲から
50分
3級 実技 女子用袷長着
広衿で別付け、束付けどちらでも可
共衿は別掛けとする ただしくけは束ぐけでもよい
寸法は指定しない
材料は自由
5時間45分
部分縫い 被服の種類に関する出題区分表の範囲から 30分
筆記 職業としての和裁の常識と裁断図解、
被服の種類に関する出題区分表の範囲から
20分
4級 実技 女子用浴衣
ばち衿仕立て
共衿は束付け、別掛けどちらでも可
寸法は指定しない
材料は木綿地
3時間30分
筆記 和裁の常識と裁断図解
被服の種類に関する出題区分表の範囲から
20分

試験当日の用意について

当日までに準備しておくところ 持参品 作業台
1級 実技 (1)裁断・へら付け(しるし付け)
(2)すべての箇所についての幅のへら付け(しるし付け、チャコ、折り等)はしてきてはいけない
(3)付属材料=裾芯・三つ衿芯
・裁縫道具
・2本差鏝一式
(鏝2本使用可)
・座布団
換算表は任意
1人1台
設置済
部分縫い 材料は会場で準備します
筆記 ・筆記用具
(換算表、電卓は任意)
2級 実技 (1)裁断・へら付け(しるし付け)
(2)右袖を縫っておく
(3)表身頃は衽付けまで縫っておく
(4)裏身頃は衿付けまですべて縫っておく
(5)付属材料=裾芯・三つ衿芯
・裁縫道具
・2本差鏝一式
(鏝2本使用可)
・座布団
換算表は任意
2人1台
設置済
部分縫い 材料は会場で準備します
筆記 ・筆記用具
(換算表、電卓は任意)
3級 実技 (1)裁断・へら付け(しるし付け)
(2)両袖・表、裏は衽付けまで縫っておく
(3)裏衿の小接ぎはしてくること
(4)裾を完成させておく
(5)付属材料=裾芯・三つ衿芯
・裁縫道具
・座布団
※2本差鏝一式は会場設置済
(鏝1本のみ使用)
換算表は任意
2人1台
設置済
部分縫い 材料は会場で準備します
筆記 ・筆記用具
(換算表、電卓は任意)
4級 実技 (1)裁断・へら付(しるし付け)
(2)右袖を縫っておく(両袖は会場で付けること)
(3)身頃は衽付け、たて褄、裾まで仕上げておく
※事前に用意する部分はミシン縫製も可
・裁縫道具
・座布団
※2本差鏝一式は会場設置済
(鏝1本のみ使用)
2人1台
設置済
筆記 ・筆記用具

※昼食は各自でご用意ください。

和裁講習会

1級~3級の受験者を対象に講習会を実施しております。
長着・部分縫い・筆記と3部門に分けて受講することができます。
日程や申込方法の詳細については、以下の事務局までお問合せください。

日本和裁検定協会事務局
TEL:03-3816-1858

試験要領

検定サポート情報

  • 2020年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

検定メールマガジン

  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?