HOME > ビジネス実務法務検定試験® > 公式テキスト・セミナー・通信講座 > 公式通信講座

ビジネス実務法務検定試験®

  • 公式テキスト・問題集
  • セミナー情報
  • 公式通信講座

公式通信講座

ビジネス実務法務検定試験®公式テキストの内容を全て盛り込み、理解のポイントやQ&Aでわかりやすく解説しています。また、各章末の練習問題およびリポート問題を解くことで理解度が高められます。

受講料・学習期間・教材内容

標準学習期間
(添削可能期間※)
受講料
(税込)
教材構成
1級コース 3ヵ月(6ヵ月) 30,900円 オリジナルテキスト4冊、過去問題3回(テキスト第4分冊に掲載)、添削課題3回、講師添削型
オリジナルテキスト1級コースのサンプルはこちら
2級コース 3ヵ月(6ヵ月) 25,620円 オリジナルテキスト3冊、過去問題2回、添削課題3回、コンピュータ添削型
オリジナルテキスト2級コースのサンプルはこちら
3級コース 3ヵ月(6ヵ月) 20,420円 オリジナルテキスト3冊、過去問題2回、添削課題3回、コンピュータ添削型
オリジナルテキスト3級コースのサンプルはこちら

※添削可能期間とは、標準学習期間内に受講が終わらなかった方のために、添削可能期間内であれば課題の添削を承るシステムです。

※随時開講受付

通信講座のお申し込みはこちらから

本通信講座の特長

  • 法務知識ゼロの方でも3級から順にステップアップして学習できます。
  • 東京商工会議所発行の公式テキストの内容が全て盛り込まれています。
    (本講座お申し込みの方は、同公式テキストの購入は不要です)
  • 2017年の民法(債権法)改正(2020年4月1日施行)はもちろん、2019年までの各種の法改正に完全対応しています。
  • 2級講座テキストは、3級の重要ポイントを踏まえた内容を記載しており、2級の知識の習得を基本からサポートします。
  • 「理解力up」「Q&A」等のコラムでは具体的な事例を盛り込んでいるので、ビジネスシーンをイメージしながら学習できます。(3級)
  • 検定試験の形式に沿って出題される添削で本試験への対応力が身に付きます。(2級・3級)
  • 論述式の添削は検定試験の出題傾向に基づき作成しており、弁護士等の実務家の添削指導により、実践的な答案作成力が身に付きます。(1級)
  • 1級講座テキストは解答作成上のポイントの項を設け、論述問題への実践的な対策ができます。
  • お申し込みが確認でき次第、随時開講しています。
    (2~4月のお申し込みは、テキスト更新のため開講をお待ちいただく場合がございます)
  • 「民法(債権法)改正」を掲載し検定試験の出題範囲にかかわる主な項目について改正民法の概要を一覧できる表を掲載しています。

ビジネス実務法務検定試験®対策公式通信講座のお申し込み方法

  1. お申し込み方法
    下記お申込みフォームよりお手続きいただけます。
    ※随時開講受付

    通信講座のお申し込みはこちらから

    • 申込画面に必要事項を入力の上、ご送信ください。
    • 受講申し込みの際は、受講料を下記の取扱銀行にお振り込みください。
      みずほ銀行 東京中央支店 (普通)2409953 「東京商工会議所 検定口」

    ※2020年4月1日より、受講料お振込口座が変更となりました。

    ※振込手数料はご負担ください。

    ※領収証は銀行の送金済証をもって代えさせていただきます。

    ※申込登録から1ヶ月以内にお振込みが無い場合、キャンセルとさせていただきます。

    ※受講料は消費税を含んだ金額です。

    ※申込者と振込(支払)人名義が異なる場合は入金の確認が困難になりますので、入力漏れのないようご注意ください。

  2. 申込締切・学習開始日・教材の発送
    • お申し込みは随時受付。申込受付後、10日以内に教材を発送します。
    • 申込書の到着と受講料の入金確認の2点がそろった日を申込受付日とみなします。

      ※2~4月のお申し込みは、テキスト更新のため開講をお待ちいただく場合がございます。

      ※お申し込み後、10日以上経過しても教材が到着しない時には、送信できなかった可能性がありますのでお手数ですが検定センターまでご連絡ください

  3. 注意事項
    • キャンセル・教材のお取替について
      - お申し込み後は、解約できません。
      - 教材の乱丁、落丁、配送途中での破損については、無償でお取替します。
    • その他
      - 請求書は原則発行しておりませんが、ご希望の場合は検定センターまでご連絡ください。
      - 講座の内容・教材等は都合により一部変更する場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
    • 個人情報のお取り扱いについて
      お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該講座の申込受付の管理、運営上の管理のために利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。
    • 申し込み方法、講座に関する問い合わせ先
      東京商工会議所 通信講座事務局
      〒100-0005
      東京都千代田区丸の内3-2-2 丸の内二重橋ビル
      TEL:03-3352-7074 / FAX:03-3283-7678

      通信講座に関する個人情報については、「特定個人情報を含む個人情報保護方針」及び「プライバシーポリシー(お客様のプライバシー保護について)」に従ってお取り扱いいたします。

ビジネス実務法務検定試験®とは?

ビジネス実務法務検定試験®は、業務を的確に遂行する上で不可欠な法務知識を学び、ビジネスで実践的に使える知識の習得を目指す人のための検定試験です。
級を追うごとに、法的問題への判断や対応を迅速にできるようになるための、より高度な法律実務知識を習得できます。

多くの企業で評価されています

今、多くの企業が不正や不祥事を未然に防止するための活動を積極的に行っています。ビジネス実務法務検定試験®は、そのために有効な人材育成の手段として多数の企業が採用しています。

検定試験、各級の基準

各級のレベル 対象
1級 業務上必要な法律実務知識をビジネス全般にわたって持っており、その知識に基づいて多面的な観点から高度な判断・対応ができる。(実務的対応能力としてのアッパーレベルを想定) 法務部門
2級 企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家への相談といった一定の対応ができるなど、質的・量的に法律実務知識を有している。(知識レベルとしてのアッパーレベルを想定) 社会人全般
および学生
3級 ビジネスパーソンとして業務上理解しておくべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見ができる。(ビジネスパーソンとして最低限知っているべき法律実務基礎知識を想定)
  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 受験上の配慮について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問
  • 受験要項のダウンロードはこちら

VOICE

澤田 恵里子さん

社員一人ひとりの成長のために ビジネス実務法務検定試験」はビジネスの実例に沿った法律の基礎知識を習得できることから、弊社では、...

もっと詳しく

長田 翼さん

新入社員は3級合格が必須 弊社では、ビジネスの事例を踏まえ、分かりやすく法律の基礎知識とその重要性を身につけることが出来る...

もっと詳しく

大庭 弘貴さん

私は、企業の知財部で働いており、特許を主に技術的に扱うことが多いものの、契約書のチェックをすることもある状況です。 しかしながら...

もっと詳しく

佐々木 一彰さん

東洋大学 国際観光学部は、観光業・宿泊業・政策関連などを学ぶコースがあります。その中でも過去、政策を中心に学んだ学生は...

もっと詳しく

富田 大輔さん

私は今まで「契約書」「法的に」などというワードからできるだけ避けてきたという自覚があります。理由は簡単で...

もっと詳しく

末永 秀隆さん

アサヒグループでは、企業倫理規程において「コンプライアンス最優先」の理念を掲げ、全ての事業活動の基礎としています。法律を...

もっと詳しく

山口 佳史さん

私は秘密保持契約書確認や、取引基本契約書を結ぶ実務に携わっております。契約相手は、日本を代表する名だたる大企業が多く...

もっと詳しく

尾形 恭平さん

法律全般の横断的な学習ができ仕事の幅が広がった 社員のコンプライアンス教育の一環として、会社で取得を奨励されていた...

もっと詳しく

相樂 真弓さん

社が社員に対してこの検定試験の受験を奨励していることが、受験を考えたきっかけです。他にも奨励している試験はありますが...

もっと詳しく

下茂 由紀子さん

私は2009年12月に3級 2010年12月に2級に合格しました。受験動機は、簿記と同じ商工会議所主催の試験であり、ビジネス実務法務の...

もっと詳しく

松橋 倫久さん

受験したきっかけは、大学時代の友人が受験したという話を聞いたことです。私は経済学部の出身で、法律はとても苦手です。しかし...

もっと詳しく

笠松 徳明さん

弊社は社会インフラを支える事業者として、法律知識を社員に必要不可欠なスキルと位置付けています。そのため、数年前から新入社員に対し...

もっと詳しく

西本 遊さん

弊社では、ビジネスの事例を踏まえ、分かりやすく法律の基礎知識とその重要性を身につけることが出来る「ビジネス実務法務検定試験3級」の取得を...

もっと詳しく

篠澤 康彦さん

昨今、企業のコンプライアンス経営ということが強く求められ、社会が企業を見る目は厳しくなってきています。弊社においても...

もっと詳しく

小島 諒万さん

実践的で横断的な法律知識を得たいと考えたのが受験のきっかけです。私は法律系学部出身で個々の法律ごとに知識を備えてきまし...

もっと詳しく

野村 瞬さん

大学3年生の時に、社会人になる前にビジネス法務の知識をある程度身に付けようと考え、2級を取得しました。社会人になった今...

もっと詳しく

森田 勇登さん

私は大学一年生の時、何となく授業に出て単位を取得して過ごしていました。ただ漠然と過ごしているままでは「法学部生として何も残らな...

もっと詳しく

藤本 真人さん

資格取得のきっかけは、法学部出身でない私が法務コンプライアンス管理部への異動を機に、法律知識を幅広く習得する良い機会と...

もっと詳しく

苅谷 保好さん

5年ほど前に、長年在籍していた営業本部から管理本部の審査法務部に配属となり、それまでは審査・法務関係について相談していた立場から...

もっと詳しく

武川 成幸さん

現在の職場に着任した当時、ビジネス法務初心者でしたので、「ビジネス上の実践的な法律知識を体系的にしっかり勉強したい。そして...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2020年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

検定メールマガジン

  • 通信講座
  • 漫画で分かる!ビジネス実務法務検定試験のポイント
  • ホウム部
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?