エコピープル支援事業 eco検定合格者 ="エコピープル"の活動をサポート

TOP > アクションレポート > 平峯 佑志
エコピープルに登録する アクションレポート掲載依頼

エコピープル・アクションレポート

遊びの王様「鬼ごっこ」を
環境教育プログラムなどに活用

平峯 佑志

PROFILE


活動エリア
日本全国
eco検定合格年
2018年7月
職業
一般社団法人鬼ごっこ協会
(国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長)

01.自己紹介

 私が所属している鬼ごっこ協会では、青少年の健全育成や地域の活性化などのために、鬼ごっこの体験イベントや大会などの活動を日本全国で行っています。小学校や学童保育、児童館などに鬼ごっこの講師として招かれて、子ども達に身体を動かすことの楽しさを伝えています。
 鬼ごっこは、道具などはほとんど使わずに、身体が一つあれば楽しむことができるので、何らかの資源を使うことがなく、環境に負荷をかけることがない、大変にエコな遊びだと私は考えています。子ども達の多様な成長の機会に携わることを日々楽しみながら活動しています。

02.eco検定へのきっかけ

 eco検定への受験のきっかけとしては、2点あります。
 1点目は、子ども達への環境教育のためです。鬼ごっこ協会の活動では、日頃から多くの子ども達と接しています。自然環境の溢れる公園や、地域資源である旧所名跡などで鬼ごっこのイベントや大会をする機会が多くあります。これからの未来を築いていく子ども達へ、鬼ごっこによる楽しい思い出を作ってもらうことに加えて、少しでも自然環境や地域のある多様な資源の大切さについても楽しく学んでほしいと考え、最新の環境問題や自然環境などに関する知識を学びたいと思ったからです。
 2点目は、社会的な活動をしている団体に所属している身でもあるので、地球環境へと配慮した運営を心掛けて、社会的責任を果たしていくために、広範囲にわたる事柄を体系的に整理された知識を、eco検定の学習から得たいと考えたからです。

03.エコピープルとしての活動

 鬼ごっこをしながら環境のことを学ぶことができる環境教育のプログラムとして「自然の謎解き鬼ごっこ」や「ネイチャー鬼ごっこ」という企画に携わり、鬼ごっこ協会で行っております。家族向けの幼児から小学生を対象にした、自然公園を舞台にした楽しい運動のイベントです。
 同プログラムでは、鬼ごっこをして身体を楽しく健康的に動かしながらも、環境の専門家と開発した自然散策の楽しい企画を体験してもらっています。子ども達は、楽しみながら自然環境について学ぶことができます。鬼ごっこをして、ただ楽しむだけでなく、鬼ごっこをして遊んでいる場所(公園など)の自然環境に触れ合うことで、遊び場所の新たな魅力に子ども達が家族と気付いて、楽しく学んでもらいたいと考えています。
 子ども達にとって、最も身近な環境である遊び場にある自然環境などに触れることで、環境の大切さに気付いてほしいと思っています。

04.今後の活動計画

 鬼ごっこ協会という団体を運営していく上で、地球環境や環境課題へと配慮をした活動をどのようにしていくかについても、今後はとても関心のある分野です。鬼ごっこの大会やイベントでは、数百人~数千人規模の大規模の参加者がいる場合もあり、ゴミの分別や処理の仕方なども考えていかなければなりません。また、自然公園や広場でのイベントの際には、その場所のもともとの景観美や設備などを不用意に害したりする事が無いように配慮をしなければなりません。活動で使用する道具などについても、自然環境へと配慮した、環境負荷のかからないものを使っていくことも大切になってくるかもしれません。
 団体としての活動の幅が全国区になり、全国にいる団体関係者の方々も含めて、多様なステークホルダーとの協働を行うようになってきているため、こうした些細な所の配慮が大切になってきていると感じています。
 エコピープルとして、次代を担っている子ども達を主な対象にした活動をしていることからも、未来の地球環境がより良くなっていくことに、私のフィールドから貢献をしていきたいと思います。

05.社会へのメッセージ

 地球環境の問題やエコに関わることを考えると、政府や自治体、大企業などが取り組むべき大きな規模で捉えがちになりますが、私たちにとって身近な所から地球環境やエコについて考えていく事が大切ではないかと考えています。
 エコピープルに与えられた役割の一つは、身近な所から変えていくことなのだと思っています。私の中で、鬼ごっこは、そのきっかけとして、ものすごい力を発揮すると思っています。それぞれの方の持っている強みや好きなことを生かして、その延長線上に環境への配慮を心掛ければ、誰もが肩に力が入らずに気軽に取り組めると思います。
ぜひ、楽しく地球環境やエコへの配慮をする取組を行われる事をおススメします。

06.eco検定受験者、学生へのメッセージ

 「エコ」という言葉は、適用できる範囲が広く体系的に学ぶことはなかなか難しいですが、eco検定では広範囲にわたる「エコ」にまつわる事柄について、整理して学ぶことができるため、受験を考えられている皆さんにはおススメしたいです。
 公式テキストは専門用語が分かりやすく解説されていて、環境についての専門の勉強をしてこなかった初学者にも取り組みやすい構成になっています。現代の時事的な社会課題についても取り上げられており、検定の勉強をしながらも、付随する社会課題についての知識も深めることができました。仕事にも生かしやすく、日常生活でも環境に配慮した生活を心掛けようと思わせてくれました。
 ぜひ、楽しく試験勉強に取り組まれて、合格に向けて頑張ってください!

※この情報は2018年9月28日時点での内容です。