エコピープル支援事業 eco検定合格者 ="エコピープル"の活動をサポート

TOP > eco検定アワード > エスペック株式会社
eco検定アワード2020 eco検定アワード2020
優秀賞 優秀賞

エコユニット名

エスペック株式会社

母体組織名

エスペック株式会社

事業概要

環境試験装置の製造・販売・受託試験・サービスの提供

https://www.espec.co.jp/sustainability/

イオンモール株式会社 イオンモール株式会社

活動紹介

エコピープルを増やすためのPR活動

第7次環境中期計画にて2018年~2021年の4年間で管理職のeco検定合格率100%を目指す環境目標を設定。2019年度は、一般社員の取得率向上も年間目標に掲げて活動しました。
【取組結果】当社国内グループの全役員・管理職層の100%取得を達成(対象:189名全員が取得)、エスペック(単体)一般社員取得率85%を達成しました。(2019年度合格人数32名。内、13名は新入社員)⇒新入社員へ「eco検定の取得」を進める企業文化が醸成されています。

生物多様性保全活動の推進

①在来草地の屋上の緑地化 当社の研究開発拠点「神戸R&Dセンター」の中に新しい施設を建設しました。屋上に在来草地(約700㎡)を施工しました。エスペックミックのショールームとして今後PRしていきます。
②生物多様性アプリBiomeの共同開発 世界中の生物多様性・環境の状況をビッグデータ化し、環境保全に役立てることを目指すベンチャー企業「株式会社バイオーム」と協働で、オリジナルアプリを開発しました。生物多様性をデータで見える化する取り組みを開始しています。

CDP自主回答(CO2排出抑制)
への取り組み着手

2020年度から、CDP(カーボンディスクロージャープロジェクト)への参画を開始しました。国内外含めた連結グループ会社間でのCO2排出量報告書を作成し、第三者保証を受けました。気候変動へのリスクを認識し、SBTへの2年以内の目標コミットも宣言し、当社が行うべき中長期的なCO2排出量削減目標の設定を今後行います。

環境に関する中長期目標、その中でのeco検定の位置づけ
第7次環境中期計画にて2018年~2021年の4年間で管理職のeco検定合格率100%を目指す環境目標を設定しました。環境のことを考える人づくりの一環としてeco検定を活用しています。

受賞者コメント

当社のeco検定取得率はさらに向上しました。「持続可能な社会の実現のために事業で貢献する環境経営」の実践において、環境について自分の思いで語ることのできる社員を増やすために今後もeco検定を活用してまいります。

審査員コメント

「eco検定の取得」を企業文化まで高め、役職員の高い取得率を継続的に達成していることを高く評価しました。また、屋上に在来草地を復元する取り組みは、地域における生態系ネットワークの構築に資するものであり、生物多様性保全の分野での地域貢献の形を具体的に示すことで、波及効果が期待されるという点でも高く評価しました。