HOME > eco検定(環境社会検定試験)® > 検定の魅力 > インタビュー

eco検定(環境社会検定試験)®

  • 検定の魅力
  • インタビュー

  • VOICE
  • エコピープル支援協議会
川田辰己取締役 常務執行役員

 住友林業グループは、木のプロフェッショナルとして、人と地球環境にやさしい「木」を活かし、国内外における山林経営・植林事業からグルーバルなネットワークによる調達、流通、製造、加工、さらには住宅建築をはじめとする人々の生活に関するあらゆるサービスの提供に至るまで独自のバリューチェーンを構築している企業である。
 同社は社員教育の一環としてeco検定を推進している。なお、今年開催した「eco-MASTER GRAND PRIX 2018」では、企業部門2位、総合3位を受賞した(チーム:JoooSYS)。今回は、第24回eco検定の合格者であり、同社CSR推進担当役員である川田辰己取締役 常務執行役員にお話を伺った。

企業紹介(住友林業の原点)

イメージ

 1691年、愛媛県別子銅山の開坑とともにその銅山備林の経営を担ったのが住友林業の始まりです。銅山経営にあたって、建築用、坑道の坑木や銅の精錬のための薪炭用として不可欠な木材。しかし、19世紀末の別子銅山では、永きにわたる過度な伐採と煙害によって周辺の森林が荒廃の危機を迎えていました。当時の別子支配人・伊庭貞剛は、「国土の恵みを得て事業を続けていながら、その国土を荒廃するに任せておくことは天地の大道に背く。別子全山をあをあをとした姿に返さねばならない」と考え、1894年、失われた森を再生させるため「大造林計画」を開始しました。試行錯誤を繰り返し、多い時には年間200万本を超える大規模な植林を実施した結果、やがて山々は豊かな緑を取り戻すことができたのです。この「国土報恩」の精神に基づく持続可能な森林経営こそ住友林業の事業活動、そしてCSR活動の原点です。

eco検定を受験されたきっかけ

 私は2018年4月にCSR推進の担当役員となりました。しばらくすると、私の執務室内の壁にeco検定のポスターが貼られ、その後机には公式テキスト・問題集が置かれていました。(…後日談によると、公式テキスト・問題集は部下の方がこっそり置いたそうです。)
 eco検定のテキストを開いたところ、環境に関して多岐にわたり載っていたため、難しいと感じましたが、ひさしぶりに受験勉強というものをしてみようと思い、受験申込みをしました。当社グループでは試験日約1ヶ月前より、CSR推進室の担当者から、独自分析による予想問題が社内の受験予定者へ配信されるため、このメールをきっかけに勉強への意識付けや理解度の確認ができました。毎日、少しずつ時間をつくり、勉強をかさねた結果、7月試験(第24回)に合格することができました。
 eco検定の試験に向けて勉強をしてきた内容は、今の仕事に繋がっており、公式テキストも手元において適宜、用語の確認などに使っています。「eco検定は、合格することが目的ではなく、環境について広く効率的に学ぶ手段であり、合格までのプロセスやその後の取り組みが大切」だと感じております。

住友林業グループ内でのeco検定の位置づけ

イメージ

 当社は経営理念に「住友林業グループは、公正、信用を重視し社会を利するという「住友の事業精神」に基づき、人と地球にやさしい「木」を活かし、人々の生活に関するあらゆるサービスを通じて、持続可能で豊かな社会の実現に貢献します。」と掲げております。また、先に述べたとおり、「国土報恩」の精神に基づく持続可能な森林経営を原点としており、環境に関する社員の意識はもともと高いと認識しています。
 一方で、ビジネスの基本的な枠組みが、ESG側面抜きでは成立しない環境において当社グループの事業活動における環境負荷や貢献度を認識し、持続可能な事業戦略を立案し、課題解決をはかることは重要です。そのためには社会背景への認識が社員のボトムアップへの前提であるため、当社では2013年12月より、環境に関して広く知識を習得できるeco検定の受験推進と受験費用の支援を開始しました。また、2016年より昇格グレードの対象資格として人事評価を実施しています。さらに、現在はグループ会社でも受験推進の取り組みが広がってきています。

住友林業内での受験者へのフォローについて


↑予想問題へ掲載している一例。
CSR推進室が配信する予想問題では、eco検定の試験勉強だけで終わるのではなく、グループの事業内容やCSR目標とのつながりを理解できる工夫をしています。

合格者からの声

・環境への意識が高まり、世界の取り組みを改めて知ることができた
・テキストの内容は、業務にも通じる内容があった。お客様への営業トークとして役に立ったり、取引先に行った際に、合格したことを話題にもできた。
・今まで言葉は聞いたことがあっても、内容までは知らなかったことへの理解が深まった。ニュースなどで聞いても「あのことか」とスッと頭に入るようになった。

今後のeco検定推進について

 環境に関する基礎知識の定着やボトムアップを図るため、今後3年以内に住友林業社員のeco検定合格者割合50%を目指したいと考えています。また、引き続き、グループ会社にも受験推進をしてまいります。

企業概要

会社名 住友林業株式会社
所在地 東京都千代田区
設 立 昭和23年
資本金 327億円 (平成30年3月末)
売上高 12,220億円(平成30年3月末、連結)
社員数 18,195名(平成30年月3月末、連結)
URL 会社HP URL:https://sfc.jp/
サステナビリティレポートURL:https://sfc.jp/information/society/

※注:エコユニットとは、分野・事業内容にとらわれず、また、参画人数、規模の区別なく”環境に関する基本的な幅広い知識を持って”活動する人たちの集まりです。eco検定合格者=“エコピープル”2名以上が中心となって積極的に環境活動を行う仲間を募り、企業・事業所(支店・営業所や部署単位でも可)、団体、サークルなどを「エコユニット」として登録いただき、環境活動やビジネスを支援する仕組みです。

東商検定IBT案内

CBT方式

統一試験案内

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • よくあるご質問

VOICE

西崎 和希さん

弊社では「トヨタ環境チャレンジ2050」という取り組みを行っています。例えば工場CO₂ゼロチャレンジを...

もっと詳しく

中澤 大輔さん

私が所属するゼミでは、3年の前期にeco検定公式テキストを用いたプレゼンテーション演習を行っています。他人に“教える”というプロセスの中で...

もっと詳しく

岸本 和美さん

当社では、“未来の子どもたちにきれいで感動できる海を残したい”という想いのもと、沖縄の海にサンゴを植える活動の支援を...

もっと詳しく

福田 真由美さん

地球温暖化や大気汚染、大量消費による廃棄物の増加のニュースを毎日のように目にします。ニュースで見るまでもなく、年々激しさを...

もっと詳しく

加藤 茂夫さん

リコーは「環境保全」と「利益創出」の同時実現を図る「環境経営」に取り組み、事業を通して気候変動という...

もっと詳しく

近藤 公一さん

大型台風やゲリラ豪雨など、気候変動リスクが目に見える形で高まっており、「環境」への企業姿勢が重視される社会と...

もっと詳しく

古屋 一樹さん

皆様ご存じのように世の中の関心事は大きく変化しており、企業や自治体を含むあらゆる組織が2015年の国連サミットで採択された...

もっと詳しく

依田 浩敏さん

産業理工学部(福岡キャンパス)で「環境と社会」という科目を教えています。『環境に対する幅広い知識をもち...

もっと詳しく

飯島 明宏さん

大学生と接していて、気がかりに思うことがあります。物事を単眼的に捉えている若者が多いのです。例えば...

もっと詳しく

山田 忠明さん

私はeco検定第2回で合格しました。当時私は総務部に在籍しており、私の合格をきっかけに部員全員合格しよう!ということになりました。...

もっと詳しく

伊東 万木さん

どうして環境問題について知り、行動を起こしていく必要があるのか。私は、地球を守る!といった大それたことではなくて、大切な...

もっと詳しく

西口 はるなさん

環境問題やエコについて、果たしてどれくらいの人が真剣に考えているでしょうか。かく言う私も今回受験するまではどこか他人事でした。...

もっと詳しく

橋本 侑子さん

今や「エコ」という言葉は世間に浸透していて、何気なく皆が口にする言葉になっています。私も、仕事柄もありますが、毎日口に...

もっと詳しく

芳賀 昇平さん

大学の環境サークルで子どもたちへの環境教育のプロジェクトに関わっていました。環境問題を教えるにあたって、教える側が環境...

もっと詳しく

川上 毅さん

今や環境問題は、広範多岐に及ぶ影響や対策の困難性等から、人類の存続に関わる重要な課題となっています。したがって、より良...

もっと詳しく

吉原 英樹さん

当社は“ナンバーワンの環境提供会社”を目指し、CO₂削減に効果的な省エネソリューションを提供する環境配慮型事業(エコアド...

もっと詳しく

坂本 祐三郎さん

私ども、花王グループは、心をこめた“よきモノづくり”を通して、世界の人々の喜びと満足のある豊かな生活文化の実現をめざす...

もっと詳しく

北川 真也さん

私は出身が滋賀県で、小さな頃から琵琶湖や山や田畑などの自然に触れて育ちました。そのせいか小学生の頃から環境問題には関心...

もっと詳しく

桑山 和也さん

広義の"環境"について理解を深めることができ、ビジネスの場で実践的に役立った 私自身はもともと理系出身で、大学では森林に...

もっと詳しく

佐藤 峻さん

大学2年時に、ゼミナールの先生からの紹介がきっかけで、eco検定を受験することに決めました。我々人間が引き起こした環境問題は...

もっと詳しく

荒牧 真生さん

小学校の総合学習で環境に興味を持った私は、現在「千葉大学環境ISO学生委員会」というNPO法人に所属し、大学内外で環境活動に...

もっと詳しく

藤野 年喜さん

リコーグループは、地球環境、社会の持続可能性の維持・向上への貢献は、企業の社会的責任であると認識し、...

もっと詳しく

行木 美弥さん

何か問題へ対応していくためには、まず、その問題についてよく知ることが大切です。ところが、環境問題は、我々の日々の暮らしに...

もっと詳しく

阪本悠佑さん

大学の環境サークルで壁面緑化や大学への環境対策の提案などを行っています。あるイベントスタッフをした際に「環境に対する知識...

もっと詳しく

下司 聖作さん

合言葉は"きれいな地球を次の世代へ" 当社が生産した家庭用給湯器は全国で約1000万台以上ご使用いただいており、お客さまがご使用に...

もっと詳しく

中坊 恵美さん

環境問題を"自分ゴト"として向き合うために 当社では、1990年に「地球にやさしいジャスコ委員会」を立ち上げて以来、現在にいたるまで...

もっと詳しく

尾形 鉄二さん

環境問題を解決するには、一人一人が意識を持ち行動することが大切です。また、昨今の環境問題は、多様化・複雑化しており、現状の...

もっと詳しく

北脇 秀敏さん

当センターでは、開発途上国の生活環境問題や廃棄物資源循環等の研究を行っております。こうした調査の中で散見されるのが、先進国...

もっと詳しく

斉藤 好弘さん

当社の環境保全への取り組みのスタートは、「地球にやさしい企業でありたい」を社内報で特集した1990年に遡ります。その後、1993年に...

もっと詳しく

小井土 健二さん

当社では、当社独自のCSR・環境マネジメントシステム「E-ことプロジェクト」に基づいたCSR・環境活動に取り組んでいます。また、...

もっと詳しく

國井 総一郎さん

ノーリツグループの事業は、「お湯とエネルギー」に関わっています。このエネルギーとも関連の深い地球温暖化は、異常気象、海面上昇...

もっと詳しく

赤池 真奈さん

「環境によいことをしよう」「それは環境によくない」と、私たちは日ごろから耳にしたり、口にしたりします。しかし、環境問題に関して...

もっと詳しく

石川 智温さん

eco検定を受験しようと思ったきっかけは、お父さんが勧めてくれたからです。ちょうどその時期にTVで地球温暖化やヒートアイランド現象についてよく見ていて...

もっと詳しく

芳井 敬一さん

世界でESG(環境・社会・ガバナンス)が重視される中、これらの観点から中長期的な視野で経営を推進することは非常に重要です。...

もっと詳しく

小泉 勇人さん

私は環境問題のゼミに所属しておりゼミでは環境問題において自分が興味のあることを調べて発表をしたり、...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2021年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

検定メールマガジン

  • eco検定アワード
  • eco検定推進企業
  • エコピープル支援事業について
  • 東京商工会議所