• アドバンスクラス
  • スタンダードクラス

試験問題例

次の文中の【 】の部分に、下記の選択肢から最も適切な番号を1つ選びなさい。

商品のわずかな色違いを表示するには、マンセル値やL*a*b*による【ア】が表示に適している。

色は視覚言語である、と言われているように、固有の感情効果によって【イ】に直接語りかける。

化粧品は人の肌に直接かつ長時間触れるものであり、用いる色素には【ウ】が求められる。

プレゼンにはさまざまな目的と場面が想定できるため、プレゼンの【エ】を考慮したうえで、的確に伝わる内容構成を組み立てる。

1950年代の色として人気を呼んだものに、映画に見られるファッションである【オ】がある。


[アの語群]
①色差区分図
②色彩散布図
③色相彩度図
④微小色度図
[イの語群]
①感性や美意識
②理性や価値観
③伝統や文化
④気分や個性
[ウの語群]
①高度の安定性
②中程度の保温性
③高度な安全性
④高度な保湿力
[エの語群]
①効果と持続性
②費用と効率
③目的と聴衆のプロフィール
④時間と会場の規模
[オの語群]
①シネモード
②スターファッション
③ムービーモダン
④ナタリールック
この問題の解答を見る
[ア]② [イ]① [ウ]③ [エ]③ [オ]①

試験問題例

次の文中の【 】の部分に、下記の選択肢から最も適切な番号を1つ選びなさい。

色の明度は物の【ア】を認識するうえで、非常に重要な色の属性である。明度差が【イ】明瞭性が強まる。図1の配色は、ほぼ【ウ】の配色となり、ポスターなどの平面デザインでは一般には推奨されない。

図2のようなインテリアのソファーとクッションの配色では、色相関係が【エ】色相の配色になっており、さらに【オ】ためすっきりと見える配色になっている。


[アの語群]
①量
②手ざわり
③形
[イの語群]
①小さいと
②大きいと
③中程度だと
[ウの語群]
①同一明度
②対照明度
③同一彩度
[エの語群]
①同一
②類似
③補色
[オの語群]
①彩度差が大きい
②明度差が大きい
③明度差が小さい
この問題の解答を見る
[ア]③ [イ]② [ウ]① [エ]③ [オ]②

第49回アドバンスクラス・スタンダードクラス

試験日2020年1129日 (日)

受験者の皆様へのご案内や
最新の試験スケジュール等はこちら

アドバンスクラス公式テキスト(第1版)に関しては、第2版との
交換を実施しております。詳細は、「新着情報」をご覧ください。

第48回アドバンスクラス・スタンダードクラス

試験日2020年67日 (日)

第48回(6月7日)試験は中止となりました。

申込登録期間2020年4月7日(火)~2020年4月24日(金)