HOME > BATIC(国際会計検定)® > 検定の魅力 > VOICE > 鈴木 聖久さん

BATIC(国際会計検定)®

  • 検定の魅力
  • VOICE

認定者の声

寺嶋 孝一さん

三菱重工業株式会社

鈴木 聖久さん

基礎力養成に最高の試験
(会社で取得奨励されていたら絶好のチャンス)

産業機械の営業マンです。
30才を過ぎた頃、漠然とした不安感が募り、何か自分に専門性・武器を作りたいと、日商簿記1級にチャレンジして合格しました。その後、税理士にも挑戦する傍ら、米国税理士にも挑戦して合格することが出来ました。この辺りで、会計力、英語力を更に強化したいという気持ちが自分の中で強くなり、BATICにも挑戦しました。(グローバルでビジネスを進める上で、世界共通のコミュニケーションツールである英語力と会計力は、営業としても絶対に欠かせない! やっておいて絶対に損はない!)

試験は運良くぎりぎりでControllerレベルに達することが出来ました。一定の実力に達していることが客観的に認められ、大変嬉しかったです。

BATICの試験を受けて思ったことは、BATICの問題は全て基本を問う良問ばかりということです。
税理士のように重箱のスミまで問われる難解な試験とは異なり、幹となる重要知識、大切なエッセンスを問う問題ばかりですので、英文・会計を武器にしようと考えられている方にとっては、最高の基礎力養成、力試しになる試験だと思います。

寧ろ、BATICの試験で間違えた問題が有れば、自分はまだその論点について、何か大切な知識に抜けが有ったり、誤解していることが有るということです。BATICはそれを気付かせてくれる試験です。

(お陰様で、その後、順調にステップアップ出来、米国公認会計士、税理士にも合格出来ました。
BATIC Controllerに合格出来たという成功体験も、学習を続ける上で大きな励みとなりました。)

今、振り返りますと、BATICと日商簿記はよく似ていると思います。
受かるまではとても難しく感じますが、受かった後、更に研鑚を進めていくと、実は、両方の試験とも、大変重要な知識のみ問われており、全般的な必須知識を効率よく素早く身に付けられるように、非常に上手く設計されている試験であることが分かってきます。

以上、もっともらしく書きましたが、実は最大の動機は、勤務先の会社で、取得奨励資格として選定されていることでした(笑)

とにかく、これから取得を目指される皆様にとって、動機、目的は様々とは存じますが、商工会議所が用意してくれている試験制度であれ、会社の制度であれ、使えるものは何でも活用し、グローバルで活躍できる素地を素早くご自分のものにされ、長く険しいサラリーマン生活を少しでも心軽やかに楽しく過ごされる一助とされますこと、心より祈念しております。

(2019.2)

一覧へ戻る
  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから合格証書到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問
  • 受験要項のダウンロードはこちら

VOICE

松並 里佳さん

「BATICで国内外で活躍できる会計スキルと自信を習得」私は新入社員として入社した会社が外資系であったため...

もっと詳しく

鈴木 聖久さん

産業機械の営業マンです。30才を過ぎた頃、漠然とした不安感が募り、何か自分に専門性・武器を作りたいと...

もっと詳しく

間宮 健次さん

「BATICの効用」会計検定を受けるなら英語でとの思いがあり、BATICのことは以前から気になっていました。勤務先が...

もっと詳しく

中塚 正裕さん

前任の学校でも本校でも、社会で活躍するため、「会計」のみならず「国際会計」を学ぶことを推奨しています。社会...

もっと詳しく

小林 孝明さん

当社は、経理・財務・会計分野に特化した人材採用支援をしている会社になります。クライアントは、事業会社の経理...

もっと詳しく

岡田 譲治さん

日本企業が今後、海外においてさらにグローバルに活躍するためには、単一で質の高い、国際的に...

もっと詳しく

小谷 吉範さん

日商簿記からステップアップして可能性を広げたい方に 私は、海外に製造拠点のある金型部品メーカーに勤めています。海外取引のある...

もっと詳しく

玉田 洋輔さん

U.S.CPA合格へのステップアップに 私は、米国公認会計士試験に合格し、現在ニューヨークにて監査法人の日系ビジネスサービス部門で...

もっと詳しく

中村 誠さん

昨年末まで私は電機メーカーの営業・マーケティング部門に勤務していました。日本国内のビジネスがメインでしたが、将来的に...

もっと詳しく

渡部 公丞さん

前職の会計事務所において海外駐在を拝命し、国際的な会計基準を英語で理解・説明する必要に迫られました。駐在当初は辞書と...

もっと詳しく

竹村 光広さん

国際会計基準審議会(IASB)の母体機関であるIFRS財団は、2012年11月にロンドン本部外で初となる国際オフィス(アジア・オセアニアオフィス)を...

もっと詳しく

平松 一夫さん

グローバル人の育成を担う国際会計検定 いま日本にとっての最重要政策課題は経済再生です。そのために政府が策定した成長戦略の...

もっと詳しく

篠岡 尚久さん

財務経理部員の必須能力となった英文会計習得のために 近年、子会社を含んだグローバルグループマネジメント関係の業務要請が急増し...

もっと詳しく

小川 雄一郎さん

当社は財務会計に強みを持つコンサルティングファームです。特に、私が担当するクライアントは米国会計基準を採用していますので...

もっと詳しく

小泉 慶倫さん

私は国際ネットワークエンジニアとして、海外拠点を持つ日本企業に対してITサービスの提案から構築までを行っています...

もっと詳しく

寺嶋 孝一さん

海外勤務にて英語の財務諸表に触れるなかで、海外の会計基準は、日本の会計基準をそのまま英語に訳した存在ではないという事実にいち早く気付...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2019年度試験情報
  • 2018年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

検定メールマガジン

  • 氏名・住所変更届
  • 資格の学校 TAC / BATIC講座
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?
37 試験日 2019721日(日)
申込登録期間 5月7日(火)~6月7日(金)
  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ