HOME > ビジネス実務法務検定試験® > お申込み手続き(個人)

ビジネス実務法務検定試験®

個人受験/お申込みについて [ 2018年度 ]

申込登録における留意事項

  1. 二つの級を受験する時は、必ず「併願」登録してください。
  2. 申込登録の情報のとおりに、「受験票」及び「成績票・合格証」を作成いたしますので、正確な情報をご入力(ご登録)ください。
  3. 登録内容に変更がある場合には、もう一度新規登録するのではなく、申込期間内に受験者ご本人が必ず電話にてご連絡ください。
  4. 試験施行が中止の場合を除き、いかなる理由でも受験料の返金や次回への振替えはできません。また、受験料の払込み後は「受験級」および「受験エリア」の変更はできませんので、お支払い前に必ずご確認ください。
  5. 試験会場は受験票でのみお知らせします。事前のお問合せにはご案内いたしかねます。
  6. お身体に障がいがある方や、妊娠中の方などで、受験の際に配慮を希望される場合には、必ず申込登録時に特別対応のお申込みをしてください。申請手続き書類をお送りします。
    日常生活においてごく普通に使用している補聴器、つえ、ルーペ、車いす等を使用して受験する場合にも、特別対応のお申込みが必要です。
  7. 本検定試験では、事前に上記「特別対応」の申請をし許可された場合を除き、説明開始後に退室すると再入室はできません。(トイレ退室を含む)
  8. 申込書(払込取扱票)、受験票および成績票・合格証の送付は日本国内に限らせていただきます。

申込登録から成績票到着までの流れ

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4
  • 試験日
  • STEP5
  • STEP6

各ステップの詳細は以下をご覧ください

申込登録をする

インターネットもしくは電話で受験の申込登録をしてください。お一人様一回限り正確に登録してください。
申込登録初日は10:00から受付を開始し、最終日は18:00で受付を締切ります。

申込登録期間 第43回 4月17日(火)10:00 ~ 5月18日(金)18:00
第44回 9月25日(火)10:00 ~ 10月26日(金)18:00
  • ※AM2:00~AM6:00はメンテナンスのためアクセスできません。
  • ※二つの級を受験する時は、必ず「併願」登録してください。「単願」を複数登録した場合は、会場が別になり受験できなくなることがあります。
  • ※1級は2級合格者のみ受験可能です。申込登録時に2級証書番号が必要です。2級証書番号が不明な場合には、電話にて申込登録をしてください。
  • ※会社住所での登録はご遠慮ください。
  • ※氏名や住所の入力不備による郵便物不達が多く発生しています。建物名・部屋番号を入力いただくなど、必ず正確な氏名・住所登録をお願いいたします。
  • ※「髙」「﨑」などの旧漢字やアルファベットでの登録はできません。(JIS第2水準まで可)
  • ※登録完了時に表示される登録番号や注意事項は、申込書が届くまで、必ず控えて大切に保管してください。

申込書(払込取扱票)が届く

申込書(払込取扱票)は、登録日から通常営業日5日以内に普通郵便で発送します。
申込書未着の際は、以下の「(受験料)払込締切日」の前日(土日・祝を除く)までに受験者ご本人が必ず電話にてお問合せください。
申込書(払込取扱票)に記載されている登録内容をよくご確認ください。変更がある場合には、申込登録期間内に受験者ご本人が必ず電話にてご連絡ください。インターネット上からの変更はできません。

  • ※「受験要項」が同封されています。受験に際しての注意事項などが記載されていますので、よくご確認ください。
申込書未着
問合せ期日
第43回 ~ 5月25日(金)
第44回 ~ 11月2日(金)

受験料を支払う

郵便局またはコンビニエンスストアで受験料をお支払いください。(払込締切日までの受領印有効)

払込締切日 第43回 5月27日(日)
第44回 11月4日(日)
  • ※入金の際は、必ず申込書に同封の払込取扱票をご使用ください。払込取扱票の口座への直接入金(口座振込、ネット振込、ATM入力)は無効となり受験できません。
  • ※払込手数料はご負担ください。
  • ※申込登録期間内であっても、受験料払込み後の受験級・受験エリアの変更はできません。
  • ※期限までに規定どおりの払込みがない場合は受験できません。
  • ※払込受領証は再発行できません。受験のための大事な控えとなりますので、大切に保管してください。
  • ※試験施行が中止の場合を除き、いかなる理由でも受験料の返金や次回への振替えはできません。

受験票が届く

受験票発送日に受験票(ハガキサイズ)を普通郵便で発送します。

受験票発送日 第43回 6月18日(月)
第44回 11月26日(月)
  • ※受験票にて試験会場をご確認ください。試験会場の変更はできません。
  • ※試験時間、持ち物、受験上の注意は受験要項と受験票に記載しています。必ず事前にご確認、ご準備ください。
  • ※受験票が届かない場合は、必ず以下の受験票未着問合せ期間内に受験者ご本人が電話にてお問合せください。期間内にご連絡がない場合の責任は負いかねます。予めご了承ください。
受験票未着
問合せ期間
第43回 6月25日(月)・6月26日(火)
第44回 12月3日(月)・12月4日(火)

試験日

[第44回]成績を照会する

WEB成績票照会期間に、インターネット上でご自身の成績を照会してください。

WEB成績票
照会期間
第43回 2・3級 第44回から始まります。
第44回 2・3級 2019年1月4日(金)11:00
~ 2月1日(金)18:00
1級 2019年3月6日(水)11:00
~ 3月29日(金)18:00
  • ※WEB成績票照会サービスのURLは受験票のみに記載されています。
  • ※成績票では合否のみでなく、大問ごとの得点と合計点、平均点、模範解答などもお知らせします。
  • ※試験後、受験票の再発行はできません。大切に保管し、紛失しないようご注意ください。
  • ※欠席者は「該当なし」と表示されます。
  • ※1級記述試験の模範解答発表はありません。

WEB成績票を見られない方は・・・

「郵送希望者受付期間」内に受験者ご本人が電話にてお問合せください。
成績票を普通郵便で発送します。

郵送希望者
受付期間
第43回 2・3級 第44回から始まります。
第44回 2・3級 2019年
1月4日(金) ~ 1月10日(木)
1級 2019年
3月6日(水) ~ 3月12日(火)
  • ※WEB成績票と郵送される成績票は同一内容です。
  • ※いかなる場合も電話やメール、窓口での合否、受験番号等の照会にはお答えできません。

合格証が届く

【第43回】成績票発送日に成績票・模範解答・合格証(カード)を普通郵便で発送します。
【第44回】合格者には、合格証発送日に合格証(カード)を普通郵便で発送します。

合格証
発送日
第43回 2・3級 8月3日(金)
第44回 2・3級 2019年1月18日(金)
1級 2019年3月15日(金)
  • ※成績票・模範解答(第43回)・合格証(カード)が届かない場合は、必ず以下の合格証未着問合せ期間内に受験者ご本人が電話にてお問合せください。期間内にご連絡がない場合は、対応いたしかねます。予めご了承ください。
  • ※試験後の氏名、生年月日、住所の登録変更はできません。住所変更がある場合には郵便局にて転送の手続きを必ず行ってください。
  • ※試験問題の内容や採点・合否に関する質問には一切お答えできません。
    また、電話やメール窓口において受験番号をお伝えすることはできません。
合格証未着
問合せ期間
第43回 2・3級 8月10日(金) ~ 8月17日(金)
第44回 2・3級 2019年1月25日(金) ~ 2月1日(金)
1級 2019年3月22日(金) ~ 3月29日(金)

お申込みいただく前に再度ご確認ください

・当検定試験は登録いただいた内容で申込書・受験票・成績票まで作成します。
 受験級や受験エリアを決めた上で、お一人様一回限り正確に入力してください。

以下の場合は必ず登録期間内に受験者ご本人が必ず電話にてご連絡ください。
 ・申込書の未着や申込書に入力ミスまたは、内容変更がある場合。
 ・登録完了できたか確認したい場合(登録もれ防止のため)。
 ・個人受験で登録した後で、団体受験を希望される場合。

【注意事項】
 ・同一試験日への複数回登録は正しく登録できない可能性があるため、お控えください。
 ・申込登録の際に間違えて「特別対応受験が必要(申請する)」を選択される方が
  非常に多いのでご注意ください。

申し込みに進む

お申込み・お問合せは 東京商工会議所 検定センター 03-3989-0777 (土日・祝日・年末年始を除く10:00~18:00) ※おかけ間違えのないよう、電話番号をよくお確かめください。

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問
  • 受験要項のダウンロードはこちら

お申込後の登録情報の変更

VOICE

大庭 弘貴さん

私は、企業の知財部で働いており、特許を主に技術的に扱うことが多いものの、契約書のチェックをすることもある状況です。 しかしながら...

もっと詳しく

佐々木 一彰さん

東洋大学国際観光学部は2017年に学部としてスタートいたしました。それまでは国際地域学部の国際観光学科として位置づけられていましたが...

もっと詳しく

富田 大輔さん

私は今まで「契約書」「法的に」などというワードからできるだけ避けてきたという自覚があります。理由は簡単で...

もっと詳しく

末永 秀隆さん

アサヒグループでは、企業倫理規程において「コンプライアンス最優先」の理念を掲げ、全ての事業活動の基礎としています。法律を...

もっと詳しく

山口 佳史さん

私は秘密保持契約書確認や、取引基本契約書を結ぶ実務に携わっております。契約相手は、日本を代表する名だたる大企業が多く...

もっと詳しく

尾形 恭平さん

法律全般の横断的な学習ができ仕事の幅が広がった 社員のコンプライアンス教育の一環として、会社で取得を奨励されていた...

もっと詳しく

相樂 真弓さん

社が社員に対してこの検定試験の受験を奨励していることが、受験を考えたきっかけです。他にも奨励している試験はありますが...

もっと詳しく

下茂 由紀子さん

私は2009年12月に3級 2010年12月に2級に合格しました。受験動機は、簿記と同じ商工会議所主催の試験であり、ビジネス実務法務の...

もっと詳しく

松橋 倫久さん

受験したきっかけは、大学時代の友人が受験したという話を聞いたことです。私は経済学部の出身で、法律はとても苦手です。しかし...

もっと詳しく

笠松 徳明さん

弊社は社会インフラを支える事業者として、法律知識を社員に必要不可欠なスキルと位置付けています。そのため、数年前から新入社員に対し...

もっと詳しく

小井 陽介さん

新入社員は3級合格が必修 企業価値の向上を実現しお客さまから選ばれるブランドであり続けるための必要不可欠な要素がコンプラ...

もっと詳しく

篠澤 康彦さん

昨今、企業のコンプライアンス経営ということが強く求められ、社会が企業を見る目は厳しくなってきています。弊社においても...

もっと詳しく

小島 諒万さん

実践的で横断的な法律知識を得たいと考えたのが受験のきっかけです。私は法律系学部出身で個々の法律ごとに知識を備えてきまし...

もっと詳しく

野村 瞬さん

大学3年生の時に、社会人になる前にビジネス法務の知識をある程度身に付けようと考え、2級を取得しました。社会人になった今...

もっと詳しく

森田 勇登さん

私は大学一年生の時、何となく授業に出て単位を取得して過ごしていました。ただ漠然と過ごしているままでは「法学部生として何も残らな...

もっと詳しく

小比賀 紗季さん

弊社は国内外でビジネスを展開しているため、事務系・技術系職員問わず最低限の法務知識を習得することは、業務上不可欠となって...

もっと詳しく

藤本 真人さん

資格取得のきっかけは、法学部出身でない私が法務コンプライアンス管理部への異動を機に、法律知識を幅広く習得する良い機会と...

もっと詳しく

苅谷 保好さん

5年ほど前に、長年在籍していた営業本部から管理本部の審査法務部に配属となり、それまでは審査・法務関係について相談していた立場から...

もっと詳しく

武川 成幸さん

現在の職場に着任した当時、ビジネス法務初心者でしたので、「ビジネス上の実践的な法律知識を体系的にしっかり勉強したい。そして...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2018年度試験情報
  • 2017年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

検定メールマガジン

  • 通信講座
  • ホウム部
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?