HOME > ビジネス実務法務検定試験® > 検定の魅力 > インタビュー

ビジネス実務法務検定試験®

  • この検定の魅力
  • インタビュー

  • VOICE
「ビジネス法務検定試験」インタビュー

勉強会を開催したきっかけを教えてください

丸紅グループでは45社の審査法務担当者が集まる「紅審会」という組織があります。そこでは定期的に外部講師を招いた講演会や勉強会を開催しておりまして、私は昨年まで、この紅審会の運営を担当しておりました。紅審会は180名ほど(丸紅本体除く)の審査担当者が所属しています。
勉強会を企画・開催するにあたり、会員に個別ヒアリングしたところ、「債権保全・回収」を中心に、「実務に役立つような法務関連の勉強会を実施してほしい」との声が多く寄せられました。私自身、ビジネス実務法務検定試験(ビジ法)の合格者でもあり、実務に役立つ知識を習得できる検定試験だと認識していましたので、私が講師となり勉強会を開催することとなりました。 対象は紅審会の全会員。「ビジ法習得に意欲がある方」で、2015年度は、7月試験を目指す2級及び3級の講座(4月~6月)、12月試験を目指す2級の講座(9月~11月)を実施しました。

野村さんはビジ法準1級認定者でしたね。

私は大学では法学を専攻していたのですが、実務に役立ちそうな授業は少なく、会社に入る前により実践的な知識を身に付けたいと思っていました。そんな時、ビジネス実務法務検定試験に出会ったのが受験のきっかけです。

講師をするうえで、意識したポイントはありますか?

テキストと問題集を読み込むことです。
過去問で出題された論点について、テキストに付箋を付けて、各学習項目の重要度を分析したり、 講義のポイントとなる箇所、テキストを読んだだけではわかりづらい箇所を事前に洗い出しておくなど、参加者が理解しやすくなるような工夫を凝らしました。
2級テキストは結構なボリュームがありますので、要点を押さえることを意識しました。

イメージ野村さんが実際に勉強会で使っていたテキスト

勉強会の成果はどうでしたか?

3級4名、2級は計11名(うち1名は2級取得済)の参加となり、最終的には4名が3級に合格、4名が2級に合格しました。

実際に勉強会に参加し、2級に合格された深澤さんにお話をお伺いしたいと思います。

現在、私は審査部で取引先の与信管理を行っております。取引の安全を目指し、取引先の調査、査定を行ないます。査定の判断材料となるのは、「営業部からの情報」「調査会社からの情報」「決算書等の財務諸表」で、これらを収集、分析、評価することで、取引判断を行ないます。その為には、「経理」、「会計」、「財務分析」の知識の他、「法律」の知識が必要となります。
元々、私は独学で3級に合格しており、2級受験は決意していたものの、受験を先延ばしにしておりました。そんな中、紅審会にて「ビジネス実務法務検定2級を取る!講座」の企画を知り、自らを奮い立たせて、参加を決めました。

勉強するうえで、モチベーションの維持はどうされましたか?
また、試験勉強するうえでのコツなどありましたら教えてください。

勉強会という「学習しなければいけない環境」に身を置いたことが良かったと思います。まわりが勉強しているので、「やらなければ」という焦りが生まれましたし、何より、勉強会が学習のペースメーカーになりました。
また、学習時間を確保することも意識していました。勉強会の前の日に残っている業務を片づけたり、また、行き帰りの電車で勉強したりしていました。どんなに気分が乗らない時でも最低1問だけは問題を解くようにしていましたね。

知識を習得するには、「人から学ぶ」か「本から学ぶ」方法があると思いますが、「人から学ぶ」方法は、たとえ先生となる方がいたとしても、中々時間を割いて教えてもらえる機会を得るのは難しいと思います。「本から学ぶ」方法は読んでいる内は「なるほど」と思っても、ただ読み流しているだけで、知識として定着せず、またモチベーションが続かず、途中で読み終えてしまうこともあります。そんな中、検定試験においては試験日が決まっているので、そこから逆算して勉強計画を立てやすいですし、また自分の知識レベルに合わせて受験級を選ぶことが出来るので、無理なく、体系的に勉強できると思います。そして、なにより、実際に合格できた際は、勉強をした証として、達成感を得られることが大きいです。「合格」することが、直接の目標ではありませんが、「合格」を目指して勉強することが、結果的にベーシックな知識を習得できる、有効な方法になっていると思います。

そして見事合格!おめでとうございます。
検定試験で得た知識は業務にどのように活かされているのでしょうか?

ビジ法で習得した知識は、債権管理や契約書を読む場合において、文字通り「実務法務」として直接活用できますが、それ以外では、例えば自部署と直接関係のない分野でも、「確かこの件って、テキストに解り易い表と、手続きの方法が書いてあったな…」といったように、テキストを読み返すことがあり、まさにテキストが「マイ法務辞書」のような存在になっています。

最後に…今後の目標などありましたら教えてください

個人的にはまだ1級を取得できていないので、どこかのタイミングで再チャレンジしたいと考えています。また、丸紅は海外案件が多いので、英米法や英文契約書を中心に、海外法務についても一定の知識を習得したいと思っています。

いずれ1級受験にもチャレンジしたいですが、今度は現業務に必要な会計の勉強を行い、知識を高めたいと考えております。 私は今回、この勉強会に参加させていただきましたが、この勉強会に限らず「紅審会」という場を、グループ企業の情報交換の場としてはもちろん、自己研鑽の場としても積極的に活用していきたいですね。

本日はお忙しい中、ありがとうございました。 実際に参加された方の声につきましては、以下でもご紹介しておりますので、 是非ご覧ください。

  • 丸紅プラックス㈱ 審査法務部 苅谷 保好さん
  • MXモバイリング㈱ 経営企画本部 法務コンプライアンス管理部 藤本 真人さん
  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

お申込後の登録情報の変更

VOICE

末永 秀隆さん

アサヒグループでは、企業倫理規程において「コンプライアンス最優先」の理念を掲げ、全ての事業活動の基礎としています。法律を...

もっと詳しく

山口 佳史さん

私は秘密保持契約書確認や、取引基本契約書を結ぶ実務に携わっております。契約相手は、日本を代表する名だたる大企業が多く...

もっと詳しく

尾形 恭平さん

法律全般の横断的な学習ができ仕事の幅が広がった 社員のコンプライアンス教育の一環として、会社で取得を奨励されていた...

もっと詳しく

相樂 真弓さん

社が社員に対してこの検定試験の受験を奨励していることが、受験を考えたきっかけです。他にも奨励している試験はありますが...

もっと詳しく

下茂 由紀子さん

私は2009年12月に3級 2010年12月に2級に合格しました。受験動機は、簿記と同じ商工会議所主催の試験であり、ビジネス実務法務の...

もっと詳しく

松橋 倫久さん

受験したきっかけは、大学時代の友人が受験したという話を聞いたことです。私は経済学部の出身で、法律はとても苦手です。しかし...

もっと詳しく

髙橋 涼子さん

当社では、法務領域、保険事務・管理、アンダーライティング(保険の引受・支払査定)領域での活躍を目指す総合職に対し、...

もっと詳しく

笠松 徳明さん

弊社は社会インフラを支える事業者として、法律知識を社員に必要不可欠なスキルと位置付けています。そのため、数年前から新入社員に対し...

もっと詳しく

小井 陽介さん

新入社員は3級合格が必修 企業価値の向上を実現しお客さまから選ばれるブランドであり続けるための必要不可欠な要素がコンプラ...

もっと詳しく

篠澤 康彦さん

昨今、企業のコンプライアンス経営ということが強く求められ、社会が企業を見る目は厳しくなってきています。弊社においても...

もっと詳しく

小島 諒万さん

実践的で横断的な法律知識を得たいと考えたのが受験のきっかけです。私は法律系学部出身で個々の法律ごとに知識を備えてきまし...

もっと詳しく

野村 瞬さん

大学3年生の時に、社会人になる前にビジネス法務の知識をある程度身に付けようと考え、2級を取得しました。社会人になった今...

もっと詳しく

森田 勇登さん

私は大学一年生の時、何となく授業に出て単位を取得して過ごしていました。ただ漠然と過ごしているままでは「法学部生として何も残らな...

もっと詳しく

小比賀 紗季さん

弊社は国内外でビジネスを展開しているため、事務系・技術系職員問わず最低限の法務知識を習得することは、業務上不可欠となって...

もっと詳しく

藤本 真人さん

資格取得のきっかけは、法学部出身でない私が法務コンプライアンス管理部への異動を機に、法律知識を幅広く習得する良い機会と...

もっと詳しく

苅谷 保好さん

5年ほど前に、長年在籍していた営業本部から管理本部の審査法務部に配属となり、それまでは審査・法務関係について相談していた立場から...

もっと詳しく

武川 成幸さん

現在の職場に着任した当時、ビジネス法務初心者でしたので、「ビジネス上の実践的な法律知識を体系的にしっかり勉強したい。そして...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 2016年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • 通信講座
  • ホウム部
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ