HOME > ビジネス実務法務検定試験® > 検定詳細情報 > 試験要項(受験料・受験資格など)

ビジネス実務法務検定試験®

  • 出題範囲・合格基準
  • 試験要項(受験料・受験資格など)

  • 「合格者称号付与制度」と「準1級認定制度」

試験日程 2017年度

試験日 第41回(2・3級)
7月2日(日)
第42回(1・2・3級)
12月10日(日)
申込
登録期間
〔個人〕
4月18日(火)10:00
~5月19日(金)18:00
9月26日(火)10:00
~10月27日(金)18:00
申込
登録期間
〔団体〕
4月18日(火)10:00
~5月17日(水)18:00
9月26日(火)10:00
~10月25日(水)18:00
払込締切日
〔個人〕
5月28日(日) 11月5日(日)
払込締切日
〔団体〕
5月26日(金) 11月3日(金)
受験票
発送日
6月19日(月) 11月27日(月)
受験票
未着問合せ
期間
6月26日(月)
・6月27日(火)
12月4日(月)
・12月5日(火)
成績票発送日 8月4日(金) 2・3級 1級
2018年
1月19日(金)
2018年
3月16日(金)
成績票
未着問合せ
期間
8月10日(木)
~8月18日(金)
2018年
1月26日(金)
〜2月2日(金)
2018年
3月23日(金)
~3月30日(金)

試験時間(制限時間)

1級 [共通問題]2時間(集合時間 10:00)
[選択問題]2時間(集合時間 13:30)
2級 2時間(集合時間 13:30)
3級 2時間(集合時間 10:00)

※別に説明・配付・回収等約30分

受験料

1級 10,800円
2級 6,480円
3級 4,320円

(消費税8%を含みます)

受験資格

学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
2級からの受験や、2・3級の併願受験も可能です。
※ただし、1級は2級合格者のみ受験可能です。申込登録時に2級証書番号が必要です。

持ち物

試験当日は以下のものを必ず持参してください。

  • 受験票
  • 筆記用具(HBまたはBの黒鉛筆・シャープペンシル、プラスチック消しゴムのみ)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、写真付きの住民基本台帳カード、個人番号カード、学生証、社員証など、原則として、第三者機関発行で氏名・生年月日・顔写真が揃って確認できるもの)
  • 【1級のみ持込み可能】判例のついていない法令集(六法全書等)で書き込みのない市販の書籍(ただし、電子版は不可)
    ※アンダーラインなどは「書き込み」に含みません。明らかに不正な使用を意識した文字による「書き込み」は禁止します。
    ※持込み可能な六法の複数使用は認めます。
  • ※身分証明書は本人確認に使用します。上記身分証明書をお持ちでない場合は、電話でお問合せください。
  • ※会場によっては時計がない場合があります。受験時に使用できる時計は、原則として腕時計に限ります。(情報通信機能のある時計や音を出す時計などは使用できません。)携帯電話やPHSを時計代わりに使用することは認めません。
  • ※受験票に「駐車場あり」「駐輪場あり」と記載してある会場を除き、試験会場への自動車・二輪車での来場はご遠慮ください。

受験上の注意

◎ 次に該当する行為をした受験者は、その場で退場、答案の採点はせず、今後の受験も認めません。

  • 試験官の指示に従わない
  • 試験中に援助を与える、または受ける
  • 他の人の代わりに受験する
  • 携帯電話・PHSなどを使用する
  • 情報通信機能のある機器(スマートフォン・腕時計型端末など)を使用する
  • 録音機・カメラ・辞書などを使用する
  • その他の不正行為

◎ 集合時間に遅れたり、試験会場を間違えると受験できません。
◎ 説明開始後に退室すると再入室できません。(トイレ退室を含む)
◎ 解答用紙はすべて回収します。試験会場からの持ち出しはできません。
◎ 受験者の答案は一切開示いたしません。また試験問題の内容や採点・合否に関する質問には一切お答えできません。
◎自然災害等で試験時間の変更や試験を中止する場合があります。

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

お申込後の登録情報の変更

VOICE

末永 秀隆さん

アサヒグループでは、企業倫理規程において「コンプライアンス最優先」の理念を掲げ、全ての事業活動の基礎としています。法律を...

もっと詳しく

山口 佳史さん

私は秘密保持契約書確認や、取引基本契約書を結ぶ実務に携わっております。契約相手は、日本を代表する名だたる大企業が多く...

もっと詳しく

尾形 恭平さん

法律全般の横断的な学習ができ仕事の幅が広がった 社員のコンプライアンス教育の一環として、会社で取得を奨励されていた...

もっと詳しく

相樂 真弓さん

社が社員に対してこの検定試験の受験を奨励していることが、受験を考えたきっかけです。他にも奨励している試験はありますが...

もっと詳しく

下茂 由紀子さん

私は2009年12月に3級 2010年12月に2級に合格しました。受験動機は、簿記と同じ商工会議所主催の試験であり、ビジネス実務法務の...

もっと詳しく

松橋 倫久さん

受験したきっかけは、大学時代の友人が受験したという話を聞いたことです。私は経済学部の出身で、法律はとても苦手です。しかし...

もっと詳しく

笠松 徳明さん

弊社は社会インフラを支える事業者として、法律知識を社員に必要不可欠なスキルと位置付けています。そのため、数年前から新入社員に対し...

もっと詳しく

小井 陽介さん

新入社員は3級合格が必修 企業価値の向上を実現しお客さまから選ばれるブランドであり続けるための必要不可欠な要素がコンプラ...

もっと詳しく

篠澤 康彦さん

昨今、企業のコンプライアンス経営ということが強く求められ、社会が企業を見る目は厳しくなってきています。弊社においても...

もっと詳しく

小島 諒万さん

実践的で横断的な法律知識を得たいと考えたのが受験のきっかけです。私は法律系学部出身で個々の法律ごとに知識を備えてきまし...

もっと詳しく

野村 瞬さん

大学3年生の時に、社会人になる前にビジネス法務の知識をある程度身に付けようと考え、2級を取得しました。社会人になった今...

もっと詳しく

森田 勇登さん

私は大学一年生の時、何となく授業に出て単位を取得して過ごしていました。ただ漠然と過ごしているままでは「法学部生として何も残らな...

もっと詳しく

小比賀 紗季さん

弊社は国内外でビジネスを展開しているため、事務系・技術系職員問わず最低限の法務知識を習得することは、業務上不可欠となって...

もっと詳しく

藤本 真人さん

資格取得のきっかけは、法学部出身でない私が法務コンプライアンス管理部への異動を機に、法律知識を幅広く習得する良い機会と...

もっと詳しく

苅谷 保好さん

5年ほど前に、長年在籍していた営業本部から管理本部の審査法務部に配属となり、それまでは審査・法務関係について相談していた立場から...

もっと詳しく

武川 成幸さん

現在の職場に着任した当時、ビジネス法務初心者でしたので、「ビジネス上の実践的な法律知識を体系的にしっかり勉強したい。そして...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • 通信講座
  • ホウム部
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ