HOME > 福祉住環境コーディネーター検定試験® > 問題にチャレンジ! > 問題にチャレンジ! 3級

福祉住環境コーディネーター検定試験

  • 1級
  • 2級
  • 3級

3級 試験問題例

問題

バリアフリーと福祉用具に関する次の記述の【 】部分に下記の中から最も適切な語句を選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

バリアフリーとは、高齢者や障害のある人が社会生活をしていくうえで障壁(バリア)となるものを取り除くことを意味している。もともとは【 】に対する考え方として登場したが、最近では社会制度や文化、情報を対象とする広い意味で用いられるようになっている。

選択肢

  • ① 災害時の避難対策
  • ② 建築物など物的環境
  • ③ リハビリテーションの環境

この問題の解答を見る

3級 試験問題例

問題

福祉住環境整備と福祉住環境コーディネーターに関する次の①〜④の記述の中で、その内容が最も不適切なものを1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

選択肢

  • ① 高齢になると、健康で若いときには気にならなかった住宅の造り、わずかな段差、廊下や階段の足もとの暗がり、浴室やトイレ、水回りなどの設備機器の高さや設置具合などが不都合に感じられてくる。こうした住宅構造上の問題点をバリア(障壁)といい、これらのバリアを取り除こうというのが「バリアフリー」の考え方である。
  • ② 高齢となり身体機能が低下しても、介護が必要になっても住み続けることができ、自分の意思と努力で暮らしていくことが「自立した生活」の基本である。住宅をはじめとする住環境が、この「自立」を左右する面が大きい。
  • ③ 福祉住環境コーディネーターには、対象者ができるだけ自立した生活が送れるように、住環境の側面からさまざまな支援を行うことだけでなく、各分野の専門職をコーディネートし、専門職間の連携・調整を図りながら業務を遂行していくことも求められる。
  • ④ 福祉住環境コーディネーターの役割は、対象者が置かれている状況に合わせて、対象者自身のニーズを明らかにすることにある。福祉住環境コーディネーターは、地方自治体の依頼を受けて活動する職種であり、常に行政サービスの提供という視点で対象者のニーズの把握に努めることが求められる。

この問題の解答を見る

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

お申込後の登録情報の変更

VOICE

栗田 幸一さん

1999(H11)年に福祉住環境コーディネーター資格を取得しました。当設計事務所では就学前の子供たちの施設、小学校から...

もっと詳しく

宮崎 英基さん

当社では2014年4月より全国の介護・福祉施設を対象に、弊社が提携する文具事務用品店、介護用品店と協働して展開する...

もっと詳しく

岩田 明士さん

本校では、在学中にいくつか資格を取らせ社会に送り出していくことをひとつの教育の柱としています。学生に自信を...

もっと詳しく

金子 久志さん

お客様にとって必要な知識を明確化でき、提案力の向上につながりました。私ども積和建設は、積水ハウスグループの施工部門と...

もっと詳しく

松尾 延介さん

介護サービス利用者・家族の潜在的なニーズをくみ取るために必要な知識 介護の現場では「住環境の整備が必要なことは分か...

もっと詳しく

齋藤 亜由美さん

この検定試験を知ったのは、祖母の介護で自宅改修をした時のコーディネーターの方が、福祉住環境コーディネーター2級の...

もっと詳しく

深見 勝弘さん

私は今、鎌倉でバリアフリーリフォームのプランニングを仕事としています。元々は木造建築の大工をしていました。私がこの試験を...

もっと詳しく

坂崎 浩一さん

高齢者・障害者の立場で生活を考える提案力が培えます 私は理学療法士・作業療法士等リハビリテーションに関わるスペシャリストを...

もっと詳しく

正木 拓さん

クライアントの実情に即したサービスを提案できるようになります 医療・福祉施設の建設はもちろん、介護保険の住宅改修で...

もっと詳しく

大津 清さん

お客様に納得・信頼いただく上で大変有効な検定試験です 当社は、平成22年度より資産活用事業の営業を本格的に開始して...

もっと詳しく

根岸 理香さん

住み慣れた自宅にいかに永く快適に住み続けるか。住宅のハード面の長寿命化が進む中、変化する人のくらしと住宅をいかに...

もっと詳しく

糟谷 佐紀さん

私が教鞭をとっている社会リハビリテーション学科は、社会福祉と福祉用具とユニバーサルデザインを学ぶ学科です。学生は...

もっと詳しく

前田 博司さん

当社は1983年に介護用ベッドや車いすなどの福祉用具を「必要な期間だけレンタルする」という、それまで日本になかった事業をスタート...

もっと詳しく

金谷 直政さん

福祉住環境コーディネーター(1級)を持っていることで、依頼者からの信頼も増している感触を得ています。また、大学の建築学科から...

もっと詳しく

米本 稔也さん

当社は1983年に介護用ベッドや車いす等の福祉用具を「必要な期間だけお貸しする」レンタル事業をスタートし、1992年より...

もっと詳しく

池田 吉隆さん

私が所属している法人には、2つの回復期リハビリテーション病院と3つの在宅センターがあります。それぞれに...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • 福祉公式
  • 福祉公式
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ