HOME > カラーコーディネーター検定試験® > 検定の魅力 > VOICE > 塩谷 リサさん

  • 検定の魅力
  • VOICE

  • メールマガジン CLUB PALETTE
  • 認定講師制度

合格者の声

塩谷 リサさん

大日本塗料株式会社
カラーセンター

塩谷 リサさん

付箋を貼ったテキスト・ノートは今でも“仕事のバイブル”です

Q:受験のきっかけを教えてください。
芸術系大学で造形を学んでいた頃、作品制作には必ずといっていいほど色が関わると痛感しました。そこで、「色彩の基礎から実用的な色彩活用まで幅広く学びたい」と思い、カラーコーディネーター検定試験を受験しました。公式テキストには図表や実例写真が数多く記載されており、付箋を貼ったテキストやノートは、合格した今でも私の仕事のバイブルです。

Q:カラー検定がお仕事にどう役立っていますか?
現在、橋梁・ビル・住宅の色彩設計や、製品カタログ・広告などのデザイン制作業務に関わっています。1級の「環境色彩」の知識は色彩設計に、「商品色彩」「ファッション色彩」はデザイン制作に直結する内容ですので、大変役に立っています。たとえば色を選択する際、感性や流行だけに流されることなく、色彩効果や心理学などを踏まえ、それぞれの対象物に合う効果的な配色を、理論付けて検討できるようになりました。さらに、そうして入念に検討した色彩設計案・デザイン案は、プレゼンテーションでの説得力も増したと感じています。
これからも「社会を彩る企業」の一員として色彩を駆使し、環境にやさしく居心地のよい魅力的な街づくりや、心が豊かになるようなデザインを制作し、快適な暮らしに貢献したいと考えています。

(2014.3)

一覧へ戻る
  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

お申込後の登録情報の変更

VOICE

小幡 千尋さん

学んだ知識がものづくりの自信になっています 所属している生活造形学科では、グラフィック・プロダクトデザイン・メディア編集...

もっと詳しく

水科 智美さん

当社は様々な化学品を扱う商社です。私は"色"に関する専門のセクションとして新設された【カラー工房】で働いています。化学品商社で...

もっと詳しく

近藤 みゆきさん

色彩の知識は、ヘア、メイク、ファッションなど、美容に関してのあらゆる分野で求められており、お客様ひとりひとりに合った...

もっと詳しく

富川 栄さん

資生堂SABFAは、美容師を対象にプロのヘア&メーキャップアーティストを育成しています。私自身もメーキャップブランドの...

もっと詳しく

村井 薫さん

受験した当時、モバイルプロダクトやデジタルカメラなどのカラーや素材、質感をスタディするCMF(Color/Material/Finish)...

もっと詳しく

桜井 輝子さん

カラーの仕事を始めた約25年前、周囲の人々からは「色の知識が仕事として成立するのか?」とよく尋ねられました。色は私たちにとって...

もっと詳しく

小谷 陽子さん

色は異業種や異文化をつなぐユニバーサルな存在です 以前所属していた化粧品原料となる色材を取り扱う部署でのマーケティング業務に...

もっと詳しく

橋本 実千代さん

カラリストとしての信頼が増しました 私は洋服が好きで、婦人服地を扱うテキスタイル会社に一般職として入社し、数年が経った...

もっと詳しく

江連 展子さん

受験の動機は会社の資料室にあった1級のテキストを見て、日常的に進めているカラー提案のステップを客観的な視点で見直せる..

もっと詳しく

藤本 京さん

私は美容専門学校に通っており、美容師になることが目標です。美容師として、お客様により良い提案などができるように知識が..

もっと詳しく

鈴木 晶恵さん

私は大学で服装のデザインを中心に学んでいます。色はファッションを構成する要素の中で欠かせないものの一つであり、デザインを..

もっと詳しく

清水 聡太さん

現在、専門学校に在学中で建築に関する様々な学習をしていますがインテリアなど、室内のデザインを考えるときには、建築にも色彩..

もっと詳しく

塩谷 リサさん

芸術系大学で造形を学んでいた頃、作品制作には必ずといっていいほど色が関わると痛感しました。そこで、「色彩の基礎から実用的..

もっと詳しく

岩井 紀子さん

「肩書きは、カラーコンサルタントです。」と紹介しても「実務は何ですか?」と必ずや尋ねられます。その後、「色彩は学問..

もっと詳しく

山口 勉さん

工業デザインというものは、製法、材料、コスト等多くの制約の中で成立させねばならないものです。その中でも..

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • clubpalette
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ