HOME > 日商簿記検定試験 > 検定の魅力 > VOICE > 青野 慶久さん

日商簿記検定試験

  • 検定の魅力
  • VOICE

推薦の声

青野 慶久さん

サイボウズ株式会社
代表取締役社長

青野 慶久さん

簿記は会社経営のパートナー

簿記の仕組みを初めて見た時は「なぜ、こんなことをするのだろう」と思っていました。学ぶきっかけは「稲盛和夫の実学」を読んだことです。経営者である稲盛さんが、「採算の向上」、「ダブルチェック」、さらには「資産か費用か」など簿記に直接かかわる内容まで、驚くほど詳しく述べておられます。私はこの本から「会社の真の姿」がわからなければ、経営は怖くてできない、ということを学びました。人間で言えば、朝起きた時の「気分」だけではなく、体温を測らなければ正確な健康状態はわからないですよね。大切なことは、実態をいかに正しく表すか、です。会社の真の姿を表すためにあるのが簿記であり、そのことを知ったうえで簿記を学び、使うと、経営にとても有効に働きます。例えば、「交通費をたくさん使っている人の売り上げが大きいのか」を分析をすることで、新しい意思決定につながるかもしれません。さまざまな経営指標の基本である簿記は、経営者が意思決定をする時に、お金の観点で間違いのない判断をするための、いわばパートナーです。また、簿記は、あらゆる活動をお金という軸に換算してくれますから、管理職であれば必ず学んで欲しい知識です。

(2017.3)

一覧へ戻る
  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

VOICE

青野 慶久さん

簿記の仕組みを初めて見た時は「なぜ、こんなことをするのだろう」と思っていました。学ぶきっかけは...

もっと詳しく

野村 容さん

総合商社である当社において、取扱商品やビジネスモデルは多岐に及びますが、簿記知識はそれらに関係なく最低限必要な知識と...

もっと詳しく

渡邉 将玄さん

総合商社である当社において、取扱商品やビジネスモデルは多岐に及びますが、簿記知識はそれらに関係なく最低限必要な知識と...

もっと詳しく

成毛 眞さん

企業に勤めていると、簿記を通じて学ぶ言葉がたくさん出てきます。『引当金』にしても、『減価償却』にしても、意味を理解し...

もっと詳しく

千葉 貴律さん

4年生までのすべての学生に簿記検定の受験機会を与えている 明治大学経営学部では簿記論の授業を学部の必修科目とし、簿記が...

もっと詳しく

田中 康愛さん

新入社員の必修試験に位置付け 環境変化が激しい現代社会における総合商社として、「世界で通用するビジネスパーソン」、ならびに...

もっと詳しく

川野 克典さん

日商簿記検定試験は、簿記・会計を学んだ学生にぜひ合格して欲しい試験です 日商簿記検定試験を推奨する第一の理由は、就職活動に...

もっと詳しく

小俣 光文さん

明治大学経営学部はグローバルな視点から、組織における道徳的・法的に正当な富の創造について理解するとともに、それらを...

もっと詳しく

勝間 和代さん

英語が話せないと外国の方と話ができないように、簿記を知らずに財務諸表は読めないし、ビジネスモデルは理解できません。利益と...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • 簿記日商公式
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ