HOME > 日商簿記検定試験 > 検定の魅力 > VOICE > 勝間 和代さん

日商簿記検定試験

  • 検定の魅力
  • VOICE

推薦の声

勝間 和代さん

経済評論家

勝間 和代さん

社会人に簿記は不可欠

英語が話せないと外国の方と話ができないように、簿記を知らずに財務諸表は読めないし、ビジネスモデルは理解できません。利益と現金の違いや、資産が将来は費用になることは、簿記を学ぶことで理解できます。

そして、簿記を勉強するなら、商業簿記に加えて工業簿記が入る、2級まで取得することをお勧めします。商業であっても、カスタマイズなど、半ば工業的な仕事が増えています。社内で製造プロセスを持つことによって、そのように資産価値が増減するのか、帳簿上どうつながっているのかが分かった方がいいと思います。

検定試験の合格は物事をやり遂げた証

簿記検定に限らず、検定試験に合格することの意味も考えてみるといいと思います。合格することは、当該分野で一定の能力やスキルを習得したことの証明である、と考えている方が多いと思いますが、本当に価値があるのは「合格のために、計画を立て、合格するまで努力をすること」です。つまり、検定試験の合格は「一定のレベルに到達するまで研鑽を続ける自己統制力がある」ことの証であり、これを持っていれば、困難な仕事をやり遂げられるだろうと評価されるわけです。

このような点からも、簿記の1級や2級を持っていれば、就職や転職の時にかなりアピールできるでしょう。

(2016.3)

一覧へ戻る
  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

VOICE

青野 慶久さん

簿記の仕組みを初めて見た時は「なぜ、こんなことをするのだろう」と思っていました。学ぶきっかけは...

もっと詳しく

野村 容さん

総合商社である当社において、取扱商品やビジネスモデルは多岐に及びますが、簿記知識はそれらに関係なく最低限必要な知識と...

もっと詳しく

渡邉 将玄さん

総合商社である当社において、取扱商品やビジネスモデルは多岐に及びますが、簿記知識はそれらに関係なく最低限必要な知識と...

もっと詳しく

成毛 眞さん

企業に勤めていると、簿記を通じて学ぶ言葉がたくさん出てきます。『引当金』にしても、『減価償却』にしても、意味を理解し...

もっと詳しく

千葉 貴律さん

4年生までのすべての学生に簿記検定の受験機会を与えている 明治大学経営学部では簿記論の授業を学部の必修科目とし、簿記が...

もっと詳しく

田中 康愛さん

新入社員の必修試験に位置付け 環境変化が激しい現代社会における総合商社として、「世界で通用するビジネスパーソン」、ならびに...

もっと詳しく

川野 克典さん

日商簿記検定試験は、簿記・会計を学んだ学生にぜひ合格して欲しい試験です 日商簿記検定試験を推奨する第一の理由は、就職活動に...

もっと詳しく

小俣 光文さん

明治大学経営学部はグローバルな視点から、組織における道徳的・法的に正当な富の創造について理解するとともに、それらを...

もっと詳しく

勝間 和代さん

英語が話せないと外国の方と話ができないように、簿記を知らずに財務諸表は読めないし、ビジネスモデルは理解できません。利益と...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 2016年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • 簿記日商公式
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ