HOME > 日商簿記検定試験 > お申込み手続き(個人)

日商簿記検定試験

お申込みいただく受験エリアは「東京都23区内」または「横浜市内」でよろしいですか?

(日商簿記検定は全国各地域で実施しています)

本ウェブサイトでは、受験エリアが「東京都23区内」及び「横浜市内」の場合のみの受付を行っております。これら以外の受験エリアを希望される方は、最寄りの商工会議所にてお申込み手続きいただきますようお願いいたします。
また、会場確保が困難なことから、東京都23区内・横浜市内であっても、お住まいとは離れた会場で受験していただく場合があります。お申込みの前に、ご自宅等の近隣商工会議所が受験エリアでないかをもう一度ご確認ください。

東京都23区内・横浜市内以外で受験を希望される方はこちら

個人受験/お申込みについて

申込登録における留意事項

  1. 二つの級を受験する時は、必ず「併願」登録してください。
  2. 申込登録の情報のとおりに、「受験票」及び「成績票」を作成いたしますので、正確な情報をご入力(ご登録)ください。
  3. 登録内容に変更がある場合には、もう一度新規登録するのではなく、所定の変更手続きを行ってください。
  4. 試験施行が中止の場合を除き、いかなる理由でも受験料・事務手数料の返金や次回への振替えはできません。また、受験料・事務手数料の払込み後は「受験級」および「受験エリア」の変更はできませんので、お支払い前に必ずご確認ください。
  5. 試験会場は受験票でのみお知らせします。事前のお問合せにはご案内いたしかねます。
  6. お身体に障がいがある方や、妊娠中の方などで、受験の際に配慮を希望される場合には、必ず申込登録時に特別対応のお申込みをしてください。申請手続き書類をお送りします。
    日常生活においてごく普通に使用している補聴器、つえ、ルーペ、車いす等を使用して受験する場合にも、特別対応のお申込みが必要です。
  7. 本検定試験では、事前に上記「特別対応」の申請をし許可された場合を除き、説明開始後に退室すると再入室はできません。(トイレ退室を含む)
  8. 申込書(払込取扱票)、受験票および成績票の送付は日本国内に限らせていただきます。

申込登録から成績票到着までの流れ

  • STEP1 インターネットもしくは電話で申込登録する
  • STEP2 申込書(払込取扱票) が届く
  • STEP3 受験料を支払う
  • STEP4 受験票が届く
  • 試験日
  • STEP5 成績票が届く

各ステップの詳細は以下をご覧ください

申込登録をする

インターネットもしくは電話で受験の申込登録をしてください。お一人様一回限り正確に登録してください。
申込登録初日は10:00から受付を開始し、最終日は18:00で受付を締切ります。

申込登録期間 第146回 3月30日(木)10:00 ~ 4月28日(金)18:00
第147回 9月5日(火)10:00 ~ 10月6日(金)18:00
第148回 12月12日(火)10:00 ~ 2018年1月12日(金)18:00
  • ※AM2:00~AM6:00はメンテナンスのためアクセスできません。
  • ※二つの級を受験する時は、必ず「併願」登録してください。「単願」を複数登録した場合は、会場が別になり受験できなくなることがあります。
  • ※会社住所での登録はご遠慮ください。
  • ※氏名や住所の入力不備による郵便物不達が多く発生しています。建物名、部屋番号を入力いただくなど、必ず正確な氏名・住所登録をお願いいたします。
  • ※「髙」「﨑」などの旧漢字やアルファベットでの登録はできません。(JIS第2水準まで可)
  • ※登録完了時に表示される登録番号や注意事項は、申込書が届くまで、必ず控えて大切に保管してください。

申込書(払込取扱票)が届く

申込書(払込取扱票)は登録日から通常営業日5日以内に普通郵便で発送します。
申込書未着の際は、以下の「(受験料・事務手数料)払込締切日」の前々日(金曜日)までに受験者ご本人が必ず電話にてお問合せください。
申込書(払込取扱票)に記載されている登録内容をよくご確認ください。変更がある場合には、申込登録期間内に受験者ご本人が必ず電話にてご連絡ください。インターネット上からの変更はできません。

  • ※「受験要項」が同封されています。受験に際しての注意事項などが記載されていますので、よくご確認ください。
申込書未着
問合せ期日
第146回 ~ 5月2日(火)
第147回 ~ 10月13日(金)
第148回 ~ 2018年1月19日(金)

受験料と事務手数料を支払う

郵便局またはコンビニエンスストアで受験料を事務手数料と共にお支払いください。(払込締切日までの受領印有効)

払込締切日 第146回 5月7日(日)
第147回 10月15日(日)
第148回 2018年1月21日(日)
  • ※事務手数料は受験票の発送から採点後の成績(得点)票、合格証書の郵送までの一貫提供にかかるシステム維持費用となります。
  • ※入金の際は、必ず申込書に同封の払込取扱票をご使用ください。払込取扱票の口座への直接入金(口座振込、ネット振込、ATM入力)は無効となり受験できません。
  • ※払込手数料はご負担ください。
  • ※申込登録期間内であっても、受験料・事務手数料払込み後の受験級・受験エリアの変更はできません。
  • ※期限までに払込みがない場合は受験できません。
  • ※払込受領証は再発行できません。受験のための大事な控えとなりますので、大切に保管してください。
  • ※試験施行が中止の場合を除き、いかなる理由でも受験料・事務手数料の返金や次回への振替えはできません。

受験票が届く

払込時期にかかわらず、受験票発送日に受験票(ハガキサイズ)を普通郵便で発送します。

受験票発送日 第146回 5月29日(月)
第147回 11月6日(月)
第148回 2018年2月13日(火)
  • ※受験票にて試験会場をご確認ください。
  • ※試験時間、持ち物、受験上の注意は受験要項と受験票に記載しています。必ず事前にご確認、ご準備ください。
  • ※受験票が届かない場合は、必ず以下の受験票未着問合せ期間内に受験者ご本人が電話にてお問合せください。期間内にご連絡がない場合の責任は負いかねます。予めご了承ください。
受験票未着
問合せ期間
第146回 6月5日(月)・6月6日(火)
第147回 11月13日(月)・11月14日(火)
第148回 2018年2月19日(月)・2月20日(火)

試験日

成績票が届く

成績票発送日に成績票・合格証書を普通郵便で発送します。

成績票発送日 第146回 2・3級 7月14日(金)
1級 8月4日(金)
第147回 2・3級 12月22日(金)
1級 2018年1月12日(金)
第148回 2018年3月30日(金)
  • ※成績表では合否のみでなく、大問ごとの得点と合計点までお知らせします。
  • ※試験後は氏名、生年月日、住所の登録変更はできません。住所変更がある場合には郵便局にて転送の手続きを必ず行ってください。
  • ※試験問題の内容や採点・合否に関する質問には一切お答えできません。
  • ※成績票が届かない場合は、必ず以下の成績票未着問合せ期間内に受験者ご本人が電話にてお問合せください。期間内にご連絡がない場合は、対応いたしかねます。予めご了承ください。
  • ※欠席者には成績票は発送されません。

インターネット合否速報サービス

成績票発送前にインターネットで合否のみ確認できます。速報の詳細は、受験票でのみお知らせします。試験後、受験票は再発行できませんので、大切に保管して、紛失しないようにご注意ください。
※本サービスは、東京商工会議所・横浜商工会議所で受験された方のみご利用いただけます。

インターネット
合否速報期間
第146回 2・3級 6月29日(木)11:00
〜 7月28日(金)18:00
1級 7月31日(月)11:00
〜 8月18日(金)18:00
第147回 2・3級 12月7日(木)11:00
〜 2018年1月12日(金)18:00
1級 2018年1月9日(火)11:00
〜 1月26日(金)18:00
第148回 2018年3月15日(木)11:00
〜 4月13日(金)18:00
  • ※受験票でお知らせしているインターネット合否速報サービス専用サイトに直接アクセスしてください。
  • ※電話やメール、窓口での速報の詳細や合否、受験番号等の照会にはお答えできません。
  • ※本サービスでの発表は速報であり、得点を含む詳細は成績票でお知らせします。
  • 合否速報サービスに関するQ&Aはこちら
成績票未着
問合せ期間
第146回 2・3級 7月21日(金) ~ 7月28日(金)
1級 8月10日(木) ~ 8月18日(金)
第147回 2・3級 2018年1月5日(金) 〜 1月12日(金)
1級 2018年1月19日(金) ~ 1月26日(金)
第148回 2018年4月6日(金) 〜 4月13日(金)

第147回≪試験日:2017年11月19日(日)≫の申込登録期間は
9月5日(火)~10月6日(金)です。

お申込み・お問合せは 東京商工会議所 検定センター 03-3989-0777 (土日・祝日・年末年始を除く10:00~18:00) ※おかけ間違えのないよう、電話番号をよくお確かめください。

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

VOICE

青野 慶久さん

簿記の仕組みを初めて見た時は「なぜ、こんなことをするのだろう」と思っていました。学ぶきっかけは...

もっと詳しく

野村 容さん

総合商社である当社において、取扱商品やビジネスモデルは多岐に及びますが、簿記知識はそれらに関係なく最低限必要な知識と...

もっと詳しく

渡邉 将玄さん

総合商社である当社において、取扱商品やビジネスモデルは多岐に及びますが、簿記知識はそれらに関係なく最低限必要な知識と...

もっと詳しく

成毛 眞さん

企業に勤めていると、簿記を通じて学ぶ言葉がたくさん出てきます。『引当金』にしても、『減価償却』にしても、意味を理解し...

もっと詳しく

千葉 貴律さん

4年生までのすべての学生に簿記検定の受験機会を与えている 明治大学経営学部では簿記論の授業を学部の必修科目とし、簿記が...

もっと詳しく

田中 康愛さん

新入社員の必修試験に位置付け 環境変化が激しい現代社会における総合商社として、「世界で通用するビジネスパーソン」、ならびに...

もっと詳しく

川野 克典さん

日商簿記検定試験は、簿記・会計を学んだ学生にぜひ合格して欲しい試験です 日商簿記検定試験を推奨する第一の理由は、就職活動に...

もっと詳しく

小俣 光文さん

明治大学経営学部はグローバルな視点から、組織における道徳的・法的に正当な富の創造について理解するとともに、それらを...

もっと詳しく

勝間 和代さん

英語が話せないと外国の方と話ができないように、簿記を知らずに財務諸表は読めないし、ビジネスモデルは理解できません。利益と...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • 簿記日商公式
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?