HOME > BATIC(国際会計検定)® > 検定詳細情報 > 出題範囲・認定基準

BATIC(国際会計検定)®

  • 出題範囲・認定基準

  • 試験要項(受験料・受験資格など)
  • スコアと称号
  • 認定期間と更新制度
  • 氏名・住所変更届

試験方法

  • 問題はマークシート方式による選択問題および記述問題が英語で出題されます。
  • 試験結果の合否ではなく、1000点満点のスコア制で受験者全員に点数の認定を行います。
試験科目 配点 合計
Subject 1(英文簿記) 全受験者必須とする 400点 1000点
Subject 2(国際会計理論) 受験者の修得レベルに応じて任意 600点

出題範囲

Subject1

Subject1 公式テキスト(新版)の基礎知識と、それを理解した上での応用カを問います。

  • マークシート方式
  • 記述式
  • 制限時間 1時間30分

Subject1(英文簿記)配点400点

1.
Bookkeeper
Level
&
Accountant
Level
(配点400点)
Basic Concepts of Accounting
and Bookkeeping
会計と簿記の基本概念
Transactions and Journal Entries 取引と仕訳
Journals and Ledgers 仕訳帳と元帳
Trial Balance 試算表
Adjusting Entries 決算修正仕訳
Accounting for Inventory
and Cost of Sales
棚卸資産と
売上原価の会計処理
Worksheet and Closing Entries 精算表と締切仕訳
Financial Statements 財務諸表
Basic Assumptions and IFRS 基本的な前提とIFRS
Financial Statement Analysis 財務諸表分析
Internal Control 内部統制
Cash Control 現金管理

Subject2

Subject2 公式テキスト(2017年版)の基礎知識と、それを理解した上での応用力を問います。

  • マークシート方式
  • 記述式
  • 制限時間 2時間30分

Subject2(国際会計理論)配点600点

2.
Accounting
Manager
&
Controller
Level
(配点600点)
International Financial Reporting Standards and its Conceptual Framework IFRSとその概念フレームワーク
Financial Statements 財務諸表
Fair Value Measurement 公正価値測定
Cash and Trade Receivables 現金と売上債権
Inventories 棚卸資産
Property, Plant and Equipment 有形固定資産
Intangible Assets 無形資産
Impairment of Property, Plant and Equipment and Intangible Assets 有形固定資産および無形資産の減損
Accounting for Leases リースの会計
Financial Assets 金融資産
Financial Liabilities 金融負債
Provisions, Contingent Liabilities and Contingent Asset 引当金、偶発負債及び偶発資産
Equity 資本
Recognition Revenue 収益認識
Accounting for Employee Benefits 従業員給付の会計
Income Taxes 法人所得税
Statement of Cash Flows キャッシュ・フロー計算書
Business Combinations / Equity Method and Consolidation 企業結合および持分法と連結
Accounting for the Effect of Changes in Foreign Exchange Rates 為替レートの変動の影響の会計処理
Accounting Policies, Changes in Accounting Estimates and Errors 会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬
Earnings per Share 1株当たり利益
Interim Financial Reporting 期中財務報告
Operating Segments 事業セグメント

Subject2の出題内容大幅変更とテキスト改訂について

2015年度試験よりSubject2の出題を「U.S.GAAP」(米国会計基準)から「IFRS」(国際財務報告基準)に、全面移行いたしました。ついては、Subject2公式テキスト・問題集で取り扱う会計基準についても「IFRS」を中心とした解説内容に全面刷新いたしました。
また、Subject2公式テキストの改訂を受けて、Subject1公式テキスト・問題集についても一部内容を修正した新版を発刊いたしました。
2017年度試験の出題は、公式テキスト(Subject1新版、Subject2 2017年版)に準拠して出題されますので、是非この機会にお買い求めくださいますようお願いいたします。

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

VOICE

小林 孝明さん

当社は、経理・財務・会計分野に特化した人材採用支援をしている会社になります。クライアントは、事業会社の経理...

もっと詳しく

岡田 譲治さん

日本企業が今後、海外においてさらにグローバルに活躍するためには、単一で質の高い、国際的に...

もっと詳しく

小谷 吉範さん

日商簿記からステップアップして可能性を広げたい方に 私は、海外に製造拠点のある金型部品メーカーに勤めています。海外取引のある...

もっと詳しく

玉田 洋輔さん

U.S.CPA合格へのステップアップに 私は、米国公認会計士試験に合格し、現在ニューヨークにて監査法人の日系ビジネスサービス部門で...

もっと詳しく

中村 誠さん

昨年末まで私は電機メーカーの営業・マーケティング部門に勤務していました。日本国内のビジネスがメインでしたが、将来的に...

もっと詳しく

渡部 公丞さん

前職の会計事務所において海外駐在を拝命し、国際的な会計基準を英語で理解・説明する必要に迫られました。駐在当初は辞書と...

もっと詳しく

竹村 光広さん

国際会計基準審議会(IASB)の母体機関であるIFRS財団は、2012年11月にロンドン本部外で初となる国際オフィス(アジア・オセアニアオフィス)を...

もっと詳しく

平松 一夫さん

グローバル人の育成を担う国際会計検定 いま日本にとっての最重要政策課題は経済再生です。そのために政府が策定した成長戦略の...

もっと詳しく

篠岡 尚久さん

財務経理部員の必須能力となった英文会計習得のために 近年、子会社を含んだグローバルグループマネジメント関係の業務要請が急増し...

もっと詳しく

小川 雄一郎さん

当社は財務会計に強みを持つコンサルティングファームです。特に、私が担当するクライアントは米国会計基準を採用していますので...

もっと詳しく

小泉 慶倫さん

私は国際ネットワークエンジニアとして、海外拠点を持つ日本企業に対してITサービスの提案から構築までを行っています...

もっと詳しく

寺嶋 孝一さん

海外勤務にて英語の財務諸表に触れるなかで、海外の会計基準は、日本の会計基準をそのまま英語に訳した存在ではないという事実にいち早く気付...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • 氏名・住所変更届
  • 資格の学校 TAC / BATIC講座
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ