HOME > BATIC(国際会計検定)® > 検定詳細情報 > 認定期間と更新制度

BATIC(国際会計検定)®

  • 出題範囲・認定範囲
  • 試験要項(受験料・受験資格など)
  • スコアと称号
  • 認定期間と更新制度

  • 氏名・住所変更届

取得レベルの認定期間と更新制度について

取得レベル 認定期間
コントローラーレベル 3年
アカウンティングマネジャーレベル
アカウンタントレベル 期限なし
ブックキーパーレベル
  • ◎会計基準は常に変更されているため、BATIC(国際会計検定)では、コントローラーレベル(以下CO)およびアカウンティングマネジャーレベル(以下AM)の称号(取得レベル)は認定期間を3年間とし、最新の会計基準に関する理解度を確認したうえで、認定期間を更新する制度をとっています。
  • ●称号(取得レベル)の認定期間の更新手続きは任意です。更新による新たな認定期間は3年間です。更新手続きには手数料がかかります(称号/レベルにかかわらず、一律6,690円〈税込〉)。
  • ●更新のための手続きとして、最新の会計基準に関する理解度をチェックする更新課題の提出が必要となります。(提出は郵送形式) 解答が一定基準に達した方にのみ、新規の認定証を交付いたします。
  • ●更新手続きをされない場合、あるいは、解答が更新基準に満たない場合は称号(取得レベル)は失効し、以降は認定スコアが400点(アカウンタントレベル)となります。称号の取得には、再度Subject2の受験が必要となります。なお、認定スコア400点(アカウンタントレベル)については期限がなく、更新は不要です。
  • ●2015年度試験より、Subject2の出題内容をIFRSへ移行いたしましたが、2014年度以前に「U.S.GAAP(米国会計基準)からの出題を中心とする試験」を受験された認定更新対象者の皆様にも更新冊子に変更内容を解説し、課題作成に不利にならないように配慮いたします。
  • ※更新対象者には、認定期限の前年4月~5月に更新案内をお送りいたします。

通常対象者

取得年度 取得後の認定期限 更新案内送付時期
2017年度
(第33回、第34回)
2021年3月31日 2020年4月下旬
2016年度
(第31回、第32回)
2020年3月31日 2019年4月下旬
2015年度
(第29回、第30回)
2019年3月31日 2018年4月下旬
2014年度
(第27回、第28回)
2018年3月31日 2017年4月下旬
2013年度
(第25回、第26回)
2017年3月31日 2016年4月下旬
2012年度
(第23回、第24回)
2016年3月31日 2015年4月下旬
2011年度
(第21回、第22回)
2015年3月31日 2014年4月下旬

更新対象者

更新年度 更新対象者 認定期限 更新案内
送付時期
更新後の
認定期限
2017年度
  • 第27回、第28回認定者
  • 第21回、第22回、
  • 第15回、第16回、
  • 第9回、第10回、
  • 第3回、第4回で2014年度に更新をされた方
2018年3月31日 2017年4月下旬 2021年3月31日
2016年度
  • 第25回、第26回認定者
  • 第19回、第20回、
  • 第13回、第14回、
  • 第7回、第8回、
  • 第1回、第2回で2013年度に更新をされた方
2017年3月31日 2016年4月下旬 2020年3月31日
2015年度
  • 第23回、第24回認定者
  • 第17回、第18回、
  • 第11回、第12回、
  • 第5回、第6回で2012年度に更新をされた方
2016年3月31日 2015年4月下旬 2019年3月31日
2014年度
  • 第21回、第22回認定者
  • 第15回、第16回、
  • 第9回、第10回、
  • 第3回、第4回で2011年度に更新をされた方
2015年3月31日 2014年4月下旬 2018年3月31日

更新手続きの流れについて

更新対象者には、認定期限の前年4月~5月に更新案内をお送りいたします。

2017年
第3回、第4回、
第9回、第10回、
第15回、第16回、
第21回、第22回
認定更新者
第27回、第28回
認定者が対象
※ただし、2014年度更新者に限る
4月下旬 更新申込手続きのご案内郵送
更新申込手続き期間
7月下旬
消印有効
更新申込締切
8月中旬 申込者へ更新課題書類郵送
更新課題の提出期間
10月末日
消印有効
更新課題の提出期限
2018年 2月下旬 結果通知・新認定証送付
  • 解答用紙をご返信いただいた方全員に結果通知を郵送いたします。
    そのうち一定基準に達した方については、新認定証が郵送されます。
  • ※ 更新時期になっても更新案内が送られてこない場合は、更新申込締切日までに検定センターへお知らせください。
  • ※ コントローラーレベルおよびアカウンティングマネジャーレベルの方は、更新のご案内を郵送いたしますので、住所・氏名が変更になった場合は、必ず変更届出書(pdf)をご提出ください。
    (更新のご案内等の送付は日本国内に限定させていただきますので、海外にお住まいの方は日本国内で送付可能な住所をご記載ください)
  • ※ アカウンタントレベルおよびブックキーパーレベルの方は、認定期限はございません。従って住所変更の手続きは不要ですが、登録データの変更が必要となりますので、氏名が変更になった場合には変更届出書(pdf)をご提出ください。
  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

お申込後の登録情報の変更

VOICE

小林 孝明さん

当社は、経理・財務・会計分野に特化した人材採用支援をしている会社になります。クライアントは、事業会社の経理...

もっと詳しく

岡田 譲治さん

日本企業が今後、海外においてさらにグローバルに活躍するためには、単一で質の高い、国際的に...

もっと詳しく

小谷 吉範さん

日商簿記からステップアップして可能性を広げたい方に 私は、海外に製造拠点のある金型部品メーカーに勤めています。海外取引のある...

もっと詳しく

玉田 洋輔さん

U.S.CPA合格へのステップアップに 私は、米国公認会計士試験に合格し、現在ニューヨークにて監査法人の日系ビジネスサービス部門で...

もっと詳しく

中村 誠さん

昨年末まで私は電機メーカーの営業・マーケティング部門に勤務していました。日本国内のビジネスがメインでしたが、将来的に...

もっと詳しく

渡部 公丞さん

前職の会計事務所において海外駐在を拝命し、国際的な会計基準を英語で理解・説明する必要に迫られました。駐在当初は辞書と...

もっと詳しく

竹村 光広さん

国際会計基準審議会(IASB)の母体機関であるIFRS財団は、2012年11月にロンドン本部外で初となる国際オフィス(アジア・オセアニアオフィス)を...

もっと詳しく

平松 一夫さん

グローバル人の育成を担う国際会計検定 いま日本にとっての最重要政策課題は経済再生です。そのために政府が策定した成長戦略の...

もっと詳しく

篠岡 尚久さん

財務経理部員の必須能力となった英文会計習得のために 近年、子会社を含んだグローバルグループマネジメント関係の業務要請が急増し...

もっと詳しく

小川 雄一郎さん

当社は財務会計に強みを持つコンサルティングファームです。特に、私が担当するクライアントは米国会計基準を採用していますので...

もっと詳しく

小泉 慶倫さん

私は国際ネットワークエンジニアとして、海外拠点を持つ日本企業に対してITサービスの提案から構築までを行っています...

もっと詳しく

寺嶋 孝一さん

海外勤務にて英語の財務諸表に触れるなかで、海外の会計基準は、日本の会計基準をそのまま英語に訳した存在ではないという事実にいち早く気付...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • 氏名・住所変更届
  • 資格の学校 TAC / BATIC講座
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ