HOME > BATIC(国際会計検定)® > 検定詳細情報 > 試験要項(受験料・受験資格など)

BATIC(国際会計検定)®

  • 出題範囲・認定範囲

  • 試験要項(受験料・受験資格など)
  • スコアと称号
  • 認定期間と更新制度
  • 氏名・住所変更届

試験日程 2017年度

試験日 第33回
7月23日(日)
第34回
12月17日(日)
申込
登録期間
〔個人〕
5月9日(火)10:00
~6月9日(金)18:00
10月3日(火)10:00
~11月2日(木)18:00
申込
登録期間
〔団体〕
5月9日(火)10:00
~6月7日(水)18:00
10月3日(火)10:00
~11月1日(水)18:00
払込締切日
〔個人〕
6月18日(日) 11月12日(日)
払込締切日
〔団体〕
6月16日(金) 11月10日(金)
受験票
発送日
7月10日(月) 12月4日(月)
受験票
未着問合せ期間
7月18日(火)・7月19日(水) 12月11日(月)・12月12日(火)
成績票発送日 9月1日(金) 2018年1月26日(金)
成績票
未着問合せ期間
9月8日(金)
~9月15日(金)
2018年
2月2日(金)
〜2月9日(金)

試験時間(制限時間)

Subject1 1時間30分(集合時間 10:00)
Subject2 2時間30分(集合時間 13:00)

※別に説明・配付・回収等約30分

受験料

Subject1・Subject2 10,150円
ただしSubject1のみ 5,400円、Subject2のみ 7,990円

(消費税8%を含みます)

受験資格

学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
Subjectの単願受験、併願受験とも可能です。
ただし、Subject2のみを受験する場合、過去にSubject1で320点以上(アカウンタントレベル)を取得していることが条件です。申込登録の際に同レベル取得時の証書番号が必要となります。

持ち物

試験当日は以下のものを必ず持参してください。

  • 受験票
  • 筆記用具(HBまたはBの黒鉛筆・シャープペンシル、プラスチック消しゴムのみ)
  • 電卓(関数電卓・プログラム機能は除く)またはそろばん
    • ※プリンター内蔵、メロディー音の出るもの、携帯コンピュータ(電子手帳を含む)、携帯電話等は使用できません。
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、写真付きの住民基本台帳カード、個人番号カード、学生証、社員証など、原則として、第三者機関発行で氏名・生年月日・顔写真が揃って確認できるもの)
  • ※身分証明書は本人確認に使用します。上記身分証明書をお持ちでない場合は、電話でお問合せください。
  • ※会場によっては時計がない場合があります。受験時に使用できる時計は、原則として腕時計に限ります。( 情報通信機能のある時計や音を出す時計などは使用できません。)携帯電話やPHSを時計代わりに使用することは認めません。
  • ※受験票に「駐車場あり」「駐輪場あり」と記載してある会場を除き、試験会場への自動車・二輪車での来場はご遠慮ください。

受験上の注意

◎ 次に該当する行為をした受験者は、その場で退場、答案の採点はせず、今後の受験も認めません。

  • 試験官の指示に従わない
  • 試験中に援助を与える、または受ける
  • 他の人の代わりに受験する
  • 携帯電話・PHSなどを使用する
  • 情報通信機能のある機器(スマートフォン・腕時計型端末など)を使用する
  • 録音機・カメラ・辞書などを使用する
  • その他の不正行為

◎ 集合時間に遅れたり、試験会場を間違えると受験できません。
◎ 説明開始後に退室すると再入室できません。(トイレ退室を含む)
◎ 解答用紙はすべて回収します。試験会場からの持ち出しはできません。
◎ 受験者の答案は一切開示いたしません。また試験問題の内容や採点に関する質問には一切お答えできません。
◎ 自然災害等で試験時間の変更や試験を中止する場合があります。

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み
  • 申込みから成績票到着までの流れ
  • 受験エリアの確認
  • 受験上の注意事項(※必ずご確認ください)
  • 特別対応受験について(障がいや持病をお持ちの方、妊娠中の方)
  • よくあるご質問

VOICE

小林 孝明さん

当社は、経理・財務・会計分野に特化した人材採用支援をしている会社になります。クライアントは、事業会社の経理...

もっと詳しく

岡田 譲治さん

日本企業が今後、海外においてさらにグローバルに活躍するためには、単一で質の高い、国際的に...

もっと詳しく

小谷 吉範さん

日商簿記からステップアップして可能性を広げたい方に 私は、海外に製造拠点のある金型部品メーカーに勤めています。海外取引のある...

もっと詳しく

玉田 洋輔さん

U.S.CPA合格へのステップアップに 私は、米国公認会計士試験に合格し、現在ニューヨークにて監査法人の日系ビジネスサービス部門で...

もっと詳しく

中村 誠さん

昨年末まで私は電機メーカーの営業・マーケティング部門に勤務していました。日本国内のビジネスがメインでしたが、将来的に...

もっと詳しく

渡部 公丞さん

前職の会計事務所において海外駐在を拝命し、国際的な会計基準を英語で理解・説明する必要に迫られました。駐在当初は辞書と...

もっと詳しく

竹村 光広さん

国際会計基準審議会(IASB)の母体機関であるIFRS財団は、2012年11月にロンドン本部外で初となる国際オフィス(アジア・オセアニアオフィス)を...

もっと詳しく

平松 一夫さん

グローバル人の育成を担う国際会計検定 いま日本にとっての最重要政策課題は経済再生です。そのために政府が策定した成長戦略の...

もっと詳しく

篠岡 尚久さん

財務経理部員の必須能力となった英文会計習得のために 近年、子会社を含んだグローバルグループマネジメント関係の業務要請が急増し...

もっと詳しく

小川 雄一郎さん

当社は財務会計に強みを持つコンサルティングファームです。特に、私が担当するクライアントは米国会計基準を採用していますので...

もっと詳しく

小泉 慶倫さん

私は国際ネットワークエンジニアとして、海外拠点を持つ日本企業に対してITサービスの提案から構築までを行っています...

もっと詳しく

寺嶋 孝一さん

海外勤務にて英語の財務諸表に触れるなかで、海外の会計基準は、日本の会計基準をそのまま英語に訳した存在ではないという事実にいち早く気付...

もっと詳しく

検定サポート情報

  • 2017年度試験情報
  • 2016年度試験情報
  • 合格証明書の発行
  • 名称の使用・過去問使用・テキスト転載

「合格者の声」を募集しています!

受験要項・ポスターのお取り寄せ

  • 氏名・住所変更届
  • 資格の学校 TAC / BATIC講座
  • 東京商工会議所
  • 仕事に活きるスキルって?

  • 個人受験お申込み
  • 団体受験お申込み

申込みから成績票到着までの流れ